川浦谷銚子洞(奥美濃:沢登り) 報告:のーきょー

----------------------------------------------------------------
【日  程】2012年9月15日〜16日
【山 名】左門岳
【メンバー】のーきょー(沢雪山歩)、いるか、Fの
----------------------------------------------------------------
●9月15日 晴れたり曇ったり。夕方と夜ににわか雨。

7:45 ゲート出発
9:00 林道終点。遊歩道へ
9:50 銚子滝
12:30 15m滝
13:30 ゴルジュ
14:50 二俣
16:00 遡行終了

 3連休だが、1日は家の用事があるので、使えるのは土日だけ。一度候補に挙がったが、行っていなかった川浦谷銚子洞に行くことになった。早朝、大内ICでいるかさんを拾い、相生駅でFのさんと待ち合わせ。駅といっても小さな無人駅で、ナビなしではたどり着けないような場所だった。

 新深山トンネル手前にゲートがある。9月になればゲートが開き、日河原洞出合の林道終点まで車で入れるという情報があったようだが、大誤報。工事(大ツゲ谷の林道工事のようだった。)のおじさんによれば、再開までかなりかかるだろう、とのことだった。6km弱の林道歩き。


 ゲートの横は開いているので、自転車は通過可能。奥にもう一箇所ゲートがあり、行きは開いていたが、帰りは閉まっていた。ここも自転車なら通過可能か。

 歩き出してちょっと行くと新深山トンネル。750mくらいあり、曲がっているので出口が見えず中が真っ暗。ゲートから1時間15分ほど歩いて林道終点着。落石で通れないと看板にあったが、車の通行に特に支障となる箇所はなかった。すべてきれいに舗装されている。林道終点に自動ドア付きの立派な案内所兼トイレがある。もちろん閉まっている。銚子滝への遊歩道を辿る。


 遊歩道も工事中。銚子滝に一番近い4号吊り橋は撤去されている。遊歩道はなくなる運命か。水力発電所の立地計画があり、このやたらと立派なトイレもその関係の施設だろう。ほかにも電源開発促進対策交付金を使った立派な施設があちこちに(帰りに立ち寄った板取川温泉も。)。計画は中止されたようで、林道が閉まっているのもその影響かも知れない。

銚子滝


 遊歩道からいきなり銚子滝の右手を登る。行けそうな気がしてロープを出さずに行ってしまった。難しいところはなかったが、結構高いので出したほうがよかった。


 銚子滝を越えるとすぐに12m滝。


 同じく滝の右手の壁を登る。今度はロープを出して登った。


 おだやかな部分もある。


 次々に滝が出てくる。泳いで取り付いて登ったり、巨岩帯を抜けたり。

この滝は、泳いで取り付き、右手をフリーで登った。


この滝も泳いで取り付き、右手をフリーで。


 12時過ぎにさわナビで15m美瀑と紹介されている滝に。確かに立派。滝のすぐ右手をロープを出して登る。


 滝を越えると巨岩帯の廊下と遡行図にあるが、赤石沢の巨岩帯を見た後なので、さして巨岩に見えない。


13:30ころ、二俣手前のゴルジュに到着。入口にある滝は大きな釜があり泳ぎ渡ってはい上がった。


次の8m滝は登れそうにない。


 右岸を高巻き。安全を期してかなり上にあがったので、降りるのは懸垂下降。ひとかかえもある太い木を支点にしたが、木の下が切り立っていて出だしから空中懸垂になった。30mロープ2本をつないで懸垂し、沢に戻った。帰りに対岸から見たところでは、もっと小さく滝の落ち口にまける感じだった。落ち口へのトラバースが怖そうだったが。



 14:50 二俣。


 沢の又に行くか大平にいくか相談。まだ1時間程度は遡行に使える。左門岳に登って周回するなら、今日、少しでも上流に行っておいたほうがいい、ということで大平に入る。結構傾斜があり、滝が出てくる。最初の滝は右手を登ったが、一歩だけ結構厳しかった。後で聞くとトップのいるかさんは草をつかんであがったらしい。右足と右手にホールドがない。土に埋まった右手ホールドを掘り出し、ようやく登れた。滝が続くが、2つ目は右手から簡単に巻けた。

大平の2つ目の滝の落ち口から下をのぞく。


 この滝を過ぎてからは沢の様相ががらりと変わり、おだやかな流れになる。テントサイトを見つくろいつつ歩き、16時過ぎに、まあまあの場所を見つけて遡行終了とした。


 火をおこし、焚き火で御飯とポトフを作り、ウインナを焼いて、ワインを飲む。贅沢な時間。食事の準備中、雨が落ちてきたが、30分ほどでやんだ。就寝中も1,2回にわか雨があった。しかし、増水するほどたくさんは降らなかった。



●9月16日 晴れたり曇ったり。林道を歩いているとき少し雨。

7:40 出発
9:40〜10:00 左門岳
12:00 沢の又を下り、二俣まで戻る。
15:30 銚子滝
16:30 石門
18:00 ゲート着

 穏やかな流れの中を遡行。このあたりの流れは、平坦でゆったりと蛇行しながら続いている。


 大平の上流はあまりにも平らでどういけば左門岳への最短ルートか分からない。地図をにらみ、ケルンの積んである二俣は左、その次も左。その次は右を登る。すぐに水が切れ、薮をこいで斜面を少し登ると東西に走る尾根に出た。左門岳から東に伸びる支尾根らしい。少し西に戻ると山頂に出た。

 山名板と三角点はあるが、展望は全くない地味な山頂。1223.6m。パンダナショットをとって、沢の又へ下降。


 急斜面を下るとだんだん沢になってくる。沢の又には大平にあったような大きな滝はない。巨木(栃の木)があちこちにある。沢を歩いていても栃の実がいっぱい落ちている。


 2時間ほどかかって二俣まで戻る。二俣からは銚子洞の下降。

 ゴルジュの中の8m滝は落ち口から懸垂すると滝の流れに巻き込まれるおそれがあるので、左岸を少しトラバースしてから木をピンにして懸垂。30mロープをつないで1回の懸垂で降りられた。



 泳いで取り付いた大きな釜のある滝は泳いで戻る。結構水が冷たい。


 岩間を抜けていく箇所では、どうしてもいるかさんの足が届かない場所が。登ったときもシュリンゲを出した場所。飛び降りるのも危ない。いるかさんは先に降りたFのさんに「Fのさん、ショルダー!」と跪くよう命じた。そして、Fのさんの肩を踏み台にして悠々と降りてきた。

 この滝はクライムダウンして、最後は泳ぎ下る。


 15m滝、12m滝、銚子滝は懸垂で降りる。すべて30mロープを2本つなぎ、1回で降りられた。15m滝は残置ハーケン2本にシュリンゲを通し、さらに細いブッシュをたばねたものからバックアップ。2本あった残置シュリンゲは古そうな1本を切って自前の捨て縄を追加した。銚子滝は少しクライミングダウンしてから適当な木を見つけて懸垂。30mの懸垂でちょうど遊歩道に降りた。



 遊歩道を戻り、さらに本流を下降して石門をくぐってフィナーレとすることに。長い河原歩きののち、ようやく石門へ。大きな流れが、幅3〜4mの狭い流れに。ゴルジュの上には大きな石がふたをするように乗っている。泳ぎ下って石門をくぐり終了。



林道から見た石門


さらに下降し、登れそうな斜面を見つけて林道にはい上がった。


 1時間ほど歩いて林道を戻り、車をピックアップして、板取川温泉で温泉入浴600円。アルカリ性のぬるぬるするお湯。隣の食堂で鮎定食980円。

 滝登りもいいし、登った後の源流部にも癒された。下降もしんどかったが面白かった。たっぷり遊べるいい沢でした。


      


ウィンドウを閉じる