猿ヶ馬場、籾糠山報告 報告:のーきょー

【山行名】猿ヶ馬場、籾糠山
【日程】2011年2月11日
【山域】白山周辺
【メンバー】ハマチャン、いるかさん、Fのさん、のーきょー
【天候】曇り

【行程】飛騨河合PA〜栗ケ谷林道〜籾糠山東尾根〜籾糠山の肩〜猿ヶ馬場山〜籾糠山〜籾糠山東尾根〜栗ケ谷林道〜飛騨河合PA

GPSを持参していたが、ログがうまく採れておらず、時間は写真撮影時刻と記憶で再現した。図1図2は下山後にルートをフリーハンドで書き入れたものである(GPS記録ではない。)。


21:30 茨木集合。
0:30 飛騨河合PA着。PA駐車場でテント泊。

6:30ころ 飛騨河合PA発。PA施設の裏側に林道へ降りる道がある。ゲートがあるが、ひと一人ならくぐれるようにしてある。

7:00ころ 養魚場。栗ケ谷川沿いの林道を歩く。養魚場までは除雪されている。養魚場先で栗ケ谷川を渡るが、その橋から先は除雪がない。シール歩行開始。

【栗ケ谷林道の養魚場先の橋をわたり、シール歩行の準備】

林道が屈曲している部分をショートカットした以外は林道をたどり、横谷にかかる橋の手前から籾糠山東尾根に取り付き登る。忠実に尾根を登った。

【籾糠山東尾根を登高】

ラッセルは終始、靴から深いところでも脛程度。天候は曇りのち午後は少し日も差した。風はほとんどなく静かないい天気だった。

10:30ころ 籾糠山北東にある小ピーク(1680m)着。ここまでは順調。なんとか闇下にならずに籾糠山と猿ヶ馬場の両方に行けそうだ。ということで、シールを外し、籾糠山の肩(山頂から南東に伸びる尾根上のコル)までトラバース。籾糠山の肩から籾糠山頂真南の1540m地点まで滑走。うーん、いい雪。素晴らしい。

【籾糠山北東にある小ピーク(1680m)から籾糠山をのぞむ】

【籾糠山の肩から滑走】

11:00 1540m地点の沢の中。ここから尾根を猿ヶ馬場まで登り返す。標高差350mほどの登り。尾根上部は風が強いのか雪面が凸凹で歩き難くく時間を食う。

12:30ころ 猿ヶ馬場山頂へショートカットするため、尾根筋を外れて右側へすり鉢状の地形をトラバースし始めたところ、雪崩発生(図2の×の地点)。先頭を歩いていたいるかさんが完全に埋没。その次の私も胸まで埋まった。雪崩に流されながら周囲を見たら、広い範囲で一斉に雪崩れているのが見えた。流された距離は10m程度か。すぐに止まった。後続二人は雪崩に巻き込まれておらず無事。Fのさんがビーコンですぐにいるかさんを探しだし、いるかさんも埋没が浅かったので自力で手は雪面から出た。私は自力で脱出でき、Fのさんと二人でいるかさんを掘り出した。いるかさんは埋没時に少し雪が気管に入ったようでしばらく咳き込んでいたが、それ以外は全員怪我もなく無事。装備品の紛失もなかった。尾根にあがり、尾根を忠実に猿ヶ馬場山頂まで。

【猿ヶ馬場山頂を目指してトラバース。雪崩れる直前。】

【雪崩 停止地点付近から斜面上部を見上げて】

【雪崩 停止地点付近から右上を見る。写真の端まで破断面が続いており、写っているのは全て雪崩れた後の斜面である。】

【雪崩 さらに右手の様子。写真の右端まで破断面が続いている。】

【雪崩 停止地点付近から下部を見る。】

【雪崩 停止地点付近を横から撮影】

13:30 猿ヶ馬場山頂。尾根を忠実にたどって戻るが、一箇所幅10mほどの小さな沢状地形をわたらねばならない箇所があり、トラバースしたことろスキーで斜面を切った下側に雪崩発生。予期していたので巻き込まれることはなかったが、改めて雪面の不安定な状態を思い知った。

【猿ヶ馬場山 山頂にて】

1540m地点の沢の中まで戻り、直接籾糠山山頂を目指して登高。

15:50 籾糠山山頂。籾糠山北東にある小ピーク(1680m)まで滑走し、あとは登路を忠実に下った。上部はいいパウダー。下っても重めだったがパウダー。気温が比較的低かったので最後までまずまずの雪だった。

【雪崩 籾糠山山頂から雪崩た場所を撮影。写真左上が逆三角形に雪崩れている。】

17:00ころ 林道まで戻る。なんとか闇下にならずに戻れそうだ。

17:25 飛騨河合PAの下まで戻る。久々の11時間行動。ラッセルもありくたびれました。

五箇山のよしのや(民宿)へ。温泉に入り夕食。酒盛り用に酒は一杯持ってきていたが、疲労困憊で22時には就寝。

猿ヶ馬場山頂を欲張ったため時間不足に陥り、雪崩に対する警戒を欠いたまま安易なトラバースをしてしまった。先週暖かかったので、雪が締まりスラブとなっており、その上に新雪が、50〜60cm積もった状態。雪崩発生後に雪崩の滑り面を確認したが、境界面には小さな氷の結晶のようなものが見られ、ザラメ状態。スラブとその上の積雪との結合は非常に弱く、典型的な弱層であり、テストをしていれば簡単に分かったはずだった。

かなり大規模な雪崩。沢の源頭部が、幅数百メートル、50〜60cm程度の厚さで雪崩れていた。トラバースし始めたばかりの時に雪崩れたため、雪崩のごく端で傾斜も緩い場所だったので、なんとか全員無事だったのだろう。幸運以外のなにものでもなかった。



ウィンドウを閉じる