三方崩山(弓が洞谷右股) 報告:伊能


 弓が洞谷左股は、北陸のスーパースキーヤーの一人、itazouさんの報告を見て、稜線とまでいかなくても途中からでも是非滑りたいと思い募らせていたところ、気象条件的にチャンス到来。今回を見逃すと今年は無理かと思われた(前日の雨も高いところでは雪のはず)ので、挑戦しましたが、結果は・・・予定変更&敗退となりました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【山域】白山東方
【日時】2006年3月18日(土
【コース】弓が洞谷右股〜三方崩山(敗退)
【メンバー】HiO、ごましお、伊能
【天候】晴れ後曇りのち小雪(麓では小雨)
【コースタイム】
 国道脇6:25→二股7:40→稜線1850 10:05 → 夏登山道合流12:30
 稜線1850 14:00 → 国道脇 15:00】

ルートはこちら
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 5時過ぎ起床、移動後準備して6:25弓が洞谷右岸を出発。
 左股を滑る(一般登山道の尾根に乗る)には、二股の手前で左枝尾根に取り付くみたいだが、クラスト+急傾斜で、取り付けないので、そのまま谷を進む。左股、右股合流まで、何の苦労もない。ここまで天気は良好であった。

01.JPG (500×375)
 合流点で、左股、右股の様子を見ると、左股は急傾斜で、かつ、デブリのような筋が見える。
 右股も下部はデブリの跡が見えるが、上部は猫又谷みたいにきれいな斜面で、猫又谷より傾斜は緩いのが見てとれ、4人グループが取り付いている。ここで、3人協議、予定を変更して、右股を登ることに予定変更する。
 右股すぐの滝は、難なくクリアーできた。この当たりから、新雪が20〜30センチほど積もっている。ラッセルは靴程度。

02.JPG (500×375)
 先行する4名の後を追うが、なかなか追いつかない。足のそろったグループだ。  風が出てきて、高いところには灰色の雲が見えだした。天気の崩れは、予想通り早めになったみたいだ。
 稜線まで、7割くらい登ったところで、ごましおさんがやっと先頭に立つ。このころから、HiOさんがシールトラブル(雪団子付着)で遅れ出す。

03.JPG (500×375)
 HiOさんを残して、4名+2名は10時過ぎ稜線に。
 30分遅れで、HiOさん到着、お疲れ様でした。m(_ _)m

04.JPG (500×375)
 他グループ4名(MSCどんぐりのメンバー)は、山頂を諦めて、サッサと下山していった。
 天気が崩れてきて、ガスが出てきており、どうするか協議したが、行けるところまで行こうというこになって、出発。
 尾根はわずかな登りであるが、アップダウンあり。それに右足下がりのトラバースが延々と続く。新雪の乗っているところは何と言うことはないが、クラストしている斜面は、二人はサッサと通過するが私の幅広板では、苦労する。

 さらに、30分ほどして、私の体調がおかしくなり、二人に大きく遅れだす。
 夏道登山道合流手前と思われる急な登りをこなしたところで、ギブアップを出して登頂断念。
 帰宅後、GPSの記録を見ると、ほぼ夏道登山道まで達しており、元気な二人なら20分、私でも30分で何とか山頂に立てたかな・・今となっては残念。

 帰りは左足下がりのトラバース、クラストしたちょっとした登りもあり、シール、クトーをはずせないので、往路とあまりかわらない苦行。
 稜線に出た地点まで、残り2,3百メートルになって、この先は登りはないだろうとシールを外す。そこから、下降点までは、あっという間だった。  稜線からの滑り出しは、まあまあのパウダーだが、小雪・ガスで雪面がよく見えない。  気持ちよく滑るつもりが、傾斜の変わり目がよくわからず、転倒。

05.JPG (500×375)

06.JPG (500×375)

 下部になれば、視界はよくなってきたが、雪は重い湿り雪になり、デブリの後もあるので、格好にかまわず、安全第一で、ともかくゆっくり降りる。

 二股で、ちょっと登り返した後は、雪はザラメとなる・・かと思ったが、下部の柔らかいザラメで、片足に加重すると足を取られて転倒してしまった。
 右岸緩斜面を颯爽と飛ばすところを疲労でチンタラ滑りである。
 しかし、駐車している車の目の前まで滑れるのは、ラクチンだった。

 その後、しらみずの湯で汗を流し、ひさびさに「次平」で定番の「とろろステーキ」を食べ、帰途に着く。
 雨の降り出しが早くスキー客の帰宅の時間も早かったのか、東海北陸道の渋滞もわずかであった。

【後記】
 山行に予定変更はつきもの。GPSには、予定ルート以外に、いろんなルート(ポイント)を入れておいた方がいいですね。残りの距離がわかれば、もう少し頑張れたかも・・。



ウィンドウを閉じる