大渚山で粉雪まみれ♪ 報告:えり

【山域】頸城周辺
【日時】2006年2月12日
【コース】大草連〜大渚山ピストン
【メンバー】パルプさん、HiOさん、伊能さん、柴門さん、ごましおさん、しんさん、えり
【天候】小雪
【コースタイム】
 大草連 9:00 → 山頂 12:50〜13:20 → 大草連 14:45

撮影:(スラロームインかじや玄関前(別名:おばりこ亭)にて

8:30頃 人気のない村の辺に到着。しかし車を置く場所が分からずウロウロ。
結局、荷物をデポし手前に見つけてた場所(大草連集落と田中集落の分岐付近)に車を置きに戻ることに。
(先に置いてあった車は神戸ナンバーの車だったけど。。人は??)

全員が揃うのを待つか先に登り始めるか悩んでいると村のおじちゃんが来た。第1村人発見だ。(第2村人には会えず。。)
昨日は誰か来たか聞いてみると「来る訳ない」らしい。(^^;午後から天気は良くなるよと教えてくれた。
パルプさんがルートについて聞いていた。下調べ通り東側の尾根に乗ると良いようだ。

9:00 行動開始。宿でシールをつけてきたためすぐ出発できる。最初はなだらかな段々畑を登っていく。

こんな緩い斜面を下るのは滑らないしイヤだな〜と思いながらHPの報告通り右側の尾根に乗る。
木の間を縫ってジグをきる。尾根に乗ってから少しするとなかなかの急登が続く。
雪は降り続いてるが風がないため、そう寒くはない。

今日はアイゼンとピッケルは使い物にならないだろうと置いていったため荷物が軽い。
トレースは無いだろうからと薄着にしたのも効果的だった模様。昨日より随分快適だ。
柴門さんも昨日より調子良さそうに進んでいる。逆にパルプさんは調子悪そう。大丈夫かな?ゆっくりどうぞー。

昨日と違いトレースはもちろんなく、常に先頭はラッセル♪だ。

最初は膝下程度だった雪も登るにつれ腰ラッセルに。
伊能さん、ごましおさん、HiOさん、しんさんの4人にラッセルしてもらう。
余り疲れない内に5〜10分ずつ位で先頭を交代しながら快調に進む。
伊能さん、ごましおさんは10分以上することもあったかな。すごい体力だ。

私も少しラッセルしてみた。でも私には到底無理と分かったため(^^;永遠の2番手を名乗り出る。
2番手は1番手の2割の労力ってホンドだなぁと実感し先頭の人に改めて感謝。m(_ _)m
2番手でもくるぶしラッセル程度だったが、板幅(と体?)の大きい伊能さんは
まるでブルドーザーの様で、伊能さんの後ろは群を抜いて楽チンだった。

人生初のラッセルは胸下ラッセルとなった。
しかしあまり進まなかったようで伊能さんが見かねて交代してくれた。1ターン分位はしたかな?(^^;

行動開始が9時と遅かったため、全員揃っての途中休憩は無し。ラッセル後などに、めいめいに休憩する。
私は小休止1回し、よもぎモチとチョコ、飴ちゃん、雪にコンデンスミルク乗せ♪でエネルギー補給。
柴門さんのミルク、昨日今日でかなり使ってしまった。すみません〜。
あとは2番手を継続しながら雪を食べ食べ水分補給。
すんごいパウダーなので、手ですくった雪はナンボも口に入らない。少し固めてからじゃないとダメだ。

10:27 1050m たかが1550mの山と舐めていたと反省。
パルプさんが少し遅れているが、伊能さん他数名は山頂まで行く気満々だ。
行動終了時刻を13時にしようと話す。賛成♪せっかくだから目の前のピークは踏みたい。
10:50 1200m 山頂直下は急斜面のため、あまり進まない。
しかし後300mと思えば気合は入る。この辺りから風が吹いてきた。5分が長く感じる。
11:48 1400m あと150mと分かり追いついてきたパルプさんも俄然やる気に。みんなで山頂を目指す♪それにしても寒い。
12:10 1490m なんと、ごましおさんがシャリばて。ここから伊能さんが先頭に。
結局最後まで伊能さんが頑張ってラッセルしてくれた。さすがだー。山頂手前に長〜い雪庇あり。大きく右側へ巻いて山頂へ。

山頂はなだらかで、どこが一番高いか良く分からないが、HiOさんのGPSと見比べ、この辺りで良いやと決定。
12:51だ。上等でしょ♪山頂はさすがに風が強く余りにも寒かったため登頂記念写真を2・3枚撮り雪庇の裏へ退避。

雪庇の裏も少し風があったため寒かったが、とりあえず各自昼食。寒いのにビールを飲む人も(><)
柴門さんはミルクをお湯で溶いていた。おいしそう。私の今日の昼食はよもぎモチの残りと干し芋。

干し芋は噛めば噛むほど味が出ておいしい。ザックに押し込んでもつぶれないから行動食に良いんだよと教えてもらう。確かに。
しかしそれだけでは足りなかったので再びチョコを食べる。

山頂辺りはほんと寒くてオーバーグローブが凍るほど。手が痛かった。一体何℃だったんだろう?
長居したくなかったので、食べながらシールをはがす。気温が低いので一度シールをはがすともうどこにもくっつかない。
しかし下山して気温が上がると粘着力が復帰するので、いつも通り間にフィルムを挟むしまい方にしないとダメだ。
今回、手袋をしたまま作業が出来ないとダメだと言われるのが身にしみて良くわかった。

13:25 滑り出し開始。雪が深く、なんと登りのトレースを使わないと止まってしまって滑れないくらい。
ルートを見失わないためにもトレースを滑ることに。

トレースを滑るのは、ジェットコースターかボブスレーみたいで面白かった♪

途中、HiOさんが先行してトレースを辿ってくれ、ここの間は自由に滑っても大丈夫だよと教えてくれる。ありがたや〜。
おいしい急斜面を滑るとスキー板がかき分けた雪が顔にかかるほど!

「前が見えない〜。」と皆うれしい叫び♪
昨日は「滑り方が分からなくなった」と弱気になっていた柴門さんも楽しそうに滑ってきた。シュガーダディは良く浮いていた。
うらやまし〜。パルプさんは「下りもしんどい」とか言いながらも楽しそうだった。

少し下ると気温も上がり(と言っても氷点下だろうけど)みんな少し元気になった。
太陽の陽もたまに射しだした。おじちゃんの言った通りだ。

滑走と転倒を繰り返しているうちに、ほとんど降りてきてしまった。下りは早いなぁ。最後は少し手で漕ぎながら滑り14:37下山。
車道には雪が十分にあったため車を置いた場所まで滑って降りれた。14:45終了。

最後はパルプさんご推薦の山田温泉&銭形で夕食。大満足の一日だった♪


GPSの軌跡はこちら



ウィンドウを閉じる