乗鞍岳山行記 報告:しん

今回は記憶に残る山行になりました。

----------------------------------------------------------------
[山域]   乗鞍岳
[地形図]  1/25000乗鞍岳
[日程]   2005年3月27日(日)
[山行形態] 山スキー
[メンバー] しん(沢雪山歩)、いるか、えだ氏(囲炉裏)
----------------------------------------------------------------
 22:00茨木発、平湯経由で乗鞍へ。国民休暇村の駐車場3:30頃に着き起床7時と決め熟睡。

 起きると無風晴天。この上ないコンディションにテンションが上がる3人。ゆっくり準備してシールも張り8:30運転開始のリフトへ。1回券300円×3枚で大幅労力カット(^^)v。暑くなりそうなのでアウターは脱ぐ。リフトトップからの登行開始は8:53。さあ行くで〜!
 1月末にえだ氏他とここを登ったときに比べると雪質もいい。土曜に降ったらしい膝あたりまでの新雪が陽光を照り返す。先行の跡も数人と少なく乱れのない雪面を見て「今すぐここを滑りたい〜」とワガママ言いつつ快調な足取りで進む。

最高のコンディション 位ヶ原の斜面を直登



 遙か前方に乗鞍岳がどどーん!美しい。しかし高い、遠い。果たしていけるんだろうか。
先行の軽装備2人組に追いつく。休暇村の駐車場で見かけた、リフトを待たず自力でゲレンデを登っていった組だ。お疲れのようなので先に行かせてもらう。他にボードを背負った3人組がおり僕らと抜きつ抜かれつ進む。
 10:18位ヶ原はまずまずのペースか。風が急に強くなったのでアウターを着て帽子もかぶる。
1月はここらで敗退したっけ。あのときにょきにょき生えていたハイマツはすっかり足下の雪の下だ。今年はやはり雪が多いわ。
 
 このへんから各グループはバラバラな方に歩き出す。直接乗鞍の方に進む組はあの急坂をどう登るんだろう?右のコロナ観測所の方に向かう人たちは山より滑降目的らしい。僕らは標高差が緩やかと思われる肩の小屋経由ルートを選択、位ヶ原のだだっ広い雪面を直進。

 風が強くなり地面は雪から氷へ。徐々に山は厳しい顔を見せ始めた。とにかく肩の小屋へといるかさん・えだ氏に声をかけて僕は立ち止まりクトーを装着。まもなく地が波打ったようなシュカブラ帯にさしかかる。が、息を呑むような雪の造形に見とれる心のゆとりは持てなかった・・・。

 「さ、寒いっ!」真っ正面から叩きつける冷たい強風で顔が痛い。当たり前と言えばそうだがここは風の通り道。肩の小屋は閉鎖され入れないどころか風よけにもならない。近くの雪だまりに避難してここで中休止をとる。11:48。
 
 少し雲もガスも出てきた。わざわざ風にさらされにきたようなもので、こっち回りコースは失敗だったなとぼやきつつアイゼン装着。いるかさんはスキーを脱ぐと急に笑みがこぼれて元気倍増?!ホンマもんの雪キチである。腹ごしらえも少しして行動再開。

肩の小屋からは板を担ぐ


山の斜面を回り込み風をよけつつ高度を稼ぐ。えだ氏はアイゼンが雪面をサクサク捉える感覚をいたく気に入ったらしく楽しい楽しいと連発。3人後になり先になりやがて稜線へ。運良くそこでガスが晴れ、あこがれの乗鞍岳が眼前にぱーっと凛々しい姿を現した。

山頂まであと少し

 
 行動予定刻限が迫っているがここまで来て後戻りは出来ようものか。山頂が僕らを呼んでいる。ついに13:38剣が峰に到着!

 全周囲展望。穂高の山並みもよく見える。写真を撮り健闘に乾杯!しばし時を楽しんだ。
やはりピークに立つのって気持ちいい。いつまでも居たいがぼちぼち降りなくては。
14:10、山頂から直接降りたそうな素振りのえだ氏をなだめて蚕玉岳ピークまで降りたとこで滑降準備。1本の木もない1枚バーンだが果たして雪質はどうだか?
えだ氏、いるかさん、僕の順。先頭を華麗に滑るえだ氏はあっという間に点になってしまった。続くいるかさんは順調・・・おっと転倒! えだ氏にスライディングアタック(^^)危うくよけて止まってた。どうやらあの辺が氷結しているようだと見当を付け、そこは避けて通ろっと♪ 所によっては締まったいい雪質の面もあり。うーん気持ちいい斜面だ!

蚕玉岳ピークからドロップイン

 さらに滑る。一面スケートリンク状態の下部バーンでいるかさん再び転倒!!ガガガガっと音を立てて20mくらいその姿勢のまま滑落。上から見てて一瞬血の気がひいたが幸い元気に立ち上がったのでホッ。この後は徐々に緩やかになる斜面なのでもう安心安心。

乗鞍岳よありがとう


 位ヶ原まで戻るとショック!往きには鏡のようにキレイだった雪面は無数のスキー跡でまるで耕されたかのように荒れていた。ここまで登り降りていく滑降目的スキーヤーが多いのだろう。今日一日の陽光で雪も重くなっており、この斜面滑降は朝の期待を大きく裏切り疲れが出た足には拷問に近かった。
ゲレンデトップに着いたのは16:00少し回った頃。いるかさんは最後はツボ足になり雪の感触を満喫(^^)よくそんなに歩けるもんだ。ここからは営業終了直前のゲレンデを下り、休暇村の駐車場に直接滑り込んだ。無事下山完了!やったぜー。

 混雑を避けて沢渡まで移動してから温泉で汗を流し、高山市内で飛騨牛焼肉で打ち上げ。一日快晴のもと充実した山行で今日は満足満足でした。

えだ氏、いるかさん。どうもありがとう!



ウィンドウを閉じる