野伏ヶ岳、万歳!

                                         報告:BAKU

2006年3月5日、山友達と一緒に野伏ヶ岳に行ってきました。
いつもは全員山スキーでの参戦ですが今回私は山スキー、相棒はスノーシューと言う混成パーティーで当然スピードも違う訳でどうなるのかな?と思ってましたがそれも取り越し苦労だったようで楽しかったです。

前日夕方に大阪を発ち高速代節約のため名阪国道で上柘植まで行き日野経由で米原から名神に乗る。米原から名古屋方面に行くのは何だか勝手が違いふと気が付いたら北陸道を走っていた(^^ゞ
次の長浜でUターンし軌道修正。通勤割引は100?以内なので長浜〜美濃間が適用となり今回は美濃で高速を下り石徹白に向かう。白山中居神社の駐車地はすでに5台ほどの車が停まっておりその人たちはすでに就寝していた。
私たちも小宴会後明日に備えて即寝袋に潜り込んだ。翌朝6時に起床して用意を始めるが何しろ寒い。テント中で食事を済まし暖を取るためにコンロを付けて用意をしていたが私がトイレに行って戻って来るとテント中にはダウンが飛びまくっていた。原因は相棒が不注意でコンロの火がついているのに気づかずシュラフをコンロに近づけ過ぎてその一部に穴を開けてしまっていたのだ(T.T)出発の用意も済ませ周りを見渡すともうみんな出発してしまっていて誰も居なかった(^^ゞ7:40

最初はザックに板を括り付けて歩いたが5分もしない内に林道の除雪も終わっておりそこからスキーにシールを付けて歩く。相棒のスノーシュー歩きも快適なようだ。途中2名のスキーヤーが
下りてきた。えらい早い時間やな!と思い尋ねると昨夜は下山ルートを間違って山でビバークしたとか。寒くて辛かっただろうに。
林道を途中から右尾根へと導くショートコースに入り雪質もいい状態でのシール登行は快適であっという間に和田山牧場跡に到着した。9:06

うーん、ここは何度訪れてもええところだ。ここ迄来ると石徹白の山々がすべてぐるっと見渡せるのである。快晴無風。隣の人は雪の上にそのままで寝そべって日向ぼっこしていた。ここから広大な平たい牧場跡を横切りダイレクト尾根へと向かう。

ダイレクト尾根下部から上部を見上げると数名の先行者が取り付いてるのがはっきりと見える。稜線直下の登りがかなりきつそうでスノーシューでは大丈夫かな?と思うが前衛までは何とか行けそうだ。そこからの最後の登りは以前来たときよりも雪が緩んでおりクトーは必要無かった
のだが先行者の跡があったのでお守りとして一応装着した。

ここで一つハプニングが…
北東尾根とダイレクト尾根の間の沢筋を滑っていた人が重い雪に足を取られて転倒。それが原因で表層雪崩を引き起こしその雪崩と一緒に2〜30m流されて幸運にもその人は脱出したが雪崩は止まることなく谷の下部まで流れて行った。あのまま人を飲み込んだままだったらと思うとぞっとした。

ようやく我々も北東尾根に乗り山頂を目指すが時間がない。当初は正午まで行くとこまで行きその時に山頂に着けなかったらピークは諦め引き返そうと決めていたからだ。今丁度12:00。
ここから山頂まで30分。相棒はちょっとムリをしても山頂に行きたいようだし私も山頂からの展望を楽しみにしていたので決行することに。
12:40やっと山頂に到着。10人ほどの人が最高の展望を楽しんでいた。20分ほど休憩やシールを外したりした後いよいよ滑走(^^)

去年よりもモナカ雪になっていなかったが見た目よりも滑り難かった。この雪ならスノーシューの方がスピードでないけど楽かな?でもスキーの歩調に合わせてスノーシューで下山するのはしんどかっただろう。相棒は和田山牧場跡までほとんど休憩なしで下りて来たのだから。。。
牧場跡のトラバースは一箇所登りもあってスキー履いてではつらい。

14:50 いよいよ和田山牧場跡とはお別れだ。ここから一気に林道を駆け下り16:00ジャストに下山した。



ウィンドウを閉じる