猫又山、毛勝山周遊ワンデイハイク 報告:中野

 今シーズンも残り少なくなってきました。
 先日の早川先生の報告を拝見して、今回初めて猫又山、毛勝山に行ってきました。

----------------------------------------------------------------
【山域】猫又山、毛勝山
【場所】富山県
【日時】5月29日(日)前夜発日帰り
【コース】南又谷発電所手前―猫又谷―猫又山―猫又東面滑降―中谷左又―中谷右又
登り返し―毛勝山―直登ルンゼ―阿部木谷
【メンバー】単独
----------------------------------------------------------------
 単独でしたので2台の車で行き、1台をデポしておくということができないので、まず最初に下山予定の阿部木谷林道最終地点にミニバイクをデポしておきました。

 南又谷発電所手前(5:20)-釜谷出合(6:23)-稜線(9:00)-猫又山(9:35)


 南又谷林道はほとんど雪がありません。もし猫又谷、釜谷山ピストンならばMTBで登り 林道終点にデポしておくと帰りが楽だと思います。猫又谷は林道終点からしっかり雪があります。
谷はデブリも少なく非常に快適です。稜線から眺める剣岳には薄く雲がかかっていますが、久しぶりに天気の好い日曜日です。

 猫又山(9:55)−中谷二又1450m(10:20〜10:40)-毛勝山(13:40)


 猫又山山頂から中谷左又にドロップイン。最高に快適。所々にあるシュルントに落ち込まない様にさえ気をつければデブリも少ないすばらしい斜面です。前日に下ったと思われるシュプールが1つありました。

 二又から毛勝に上がる右又もきれいでこちらも快適に滑降できそうです。ほぼ1000m滑降して1000mの登り返しです。毛勝山頂に近づく頃からガスってきてすこし迷い山頂から少しボーサマのコルよりの稜線に上がる。

 毛勝山(14:00)-阿部木谷820mデポ地点(15:30)

 視界はあまり良くありませんでしたが直登ルンゼを滑降します。こちらもザラメの快適斜面です。阿部木谷は下るにつれてデブリが多くなりあまり快適でなくなりますが、それでも最終堰堤までなんとか滑降できます。堰堤からの林道は雪がほとんどなくミニバイクデポ地点までとぼとぼ歩くことになりました。南又谷発電所手前までミニバイクで戻りました。累積標高差は2600mでした。

 この周辺はまだまだ楽しめます。今シーズンできればもう1回ぐらいこの周辺に行きたいです。



ウィンドウを閉じる