【ラッセル訓練:猫岳】  報告:伊能


(山頂から槍穂高)

 年始は天気がいまいち。それなら、好天予報の大晦日にどこか行こう。
行き先をいろいろ思案、マイアスキー場のHPを確認すると、積雪が30センチほど増えている。
スカイライン経由の猫岳なら、一人でも危険は少なく、新雪が楽しめるだろうと決定する。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【山域】乗鞍岳
【日時】2006年12月31日(日)
【コース】平湯トンネル(高山側)〜スカイライン〜夫婦松〜猫岳
【メンバー】伊能
【天候】快晴
【コースタイム】
 平湯トンネル5:55→平湯峠7:25→夫婦松8:35〜9:00→スカイライン上部11:20→猫岳13:20
 猫岳13:50→夫婦松15:10→平湯トンネル15:45
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 高速料金節約のため、ひるがのSAで仮眠。3時半すぎに起きたが、高山市内は道路に雪が残っており、平湯峠まで、予定より時間がかかる。朝食を食べて、出発できたのは、6時前だった。

 ヘッデンを着け、出発。新雪は30センチほどか、トレースはない。靴半分程度のラッセル、動物の足跡を追って登る。
 平湯峠の前でショートカット、峠の上にでる。ここまで、1時間半かかった。
 これは、敗退確実と思っていたが、、何と峠からトレースがあるではないか。
 1時間ちょっとで、夫婦松に到着、素晴らしい展望だ。槍穂の展望をおかずに腹ごしらえ。

 
(夫婦松)

 この先、トレースはなく、スカイライン経由では、時間が足りないだろう。尾根コースを進む。
 しかし、藪がまだまだ濃く、右往左往。時々、空洞に落ちかけ、体力を使う。
 次に、スカイラインに合流するまで1時間もかかってしまった。
 2回目、3回目、4回目の合流もそれぞれ、30分弱要し、疲労困憊。
 スカイラインを辿る時は、平地のラッセルでもこんなにしんどいものかと思う。
 誰かこないかと後ろを振り返ると先ほどの出発地がすぐそこに見え、猫岳は限りなく遠く思える。


(スカイラインから猫岳)

 GPSの次のポイントまでの距離がだんだん減っていくのを、励みに頑張る。
 やっとのことで、取り付きに到着、大崩山との鞍部へ登る。
 ここでも、藪にコース取りを悩ます。筋や筋肉がつりまくりその度に、休憩。
 特に、前頸骨筋がつると、どうやっても痛みが治まらない。靴を脱いでしまいたかった。
 やっとの思いで鞍部に到着、あとは、少しづつでも足を動かしておれば、山頂だ。
 鞍部から半分ほど登り、振り返ると、何と後続が一人。。もう少し、早く来てくれたらなぁ。



 7時間半近くかかって、やっと山頂に到着。
 北に穂高・槍・笠、西に白山、南に乗鞍本峰、東に四ッ岳、360度の展望は、苦労の代償として十分だ。


(白山遠望)                                                 (四ッ岳をバックに)

 後続もほどなく到着。金沢の青年で、山スキーMLの話題を交わす。
 時間も迫っているので、写真を取り合い出発。

 最初は、アイスバーン、次に風でパックされた雪。どちらも手に(足に?)負えない。 スカイラインに降りる所はパウダーだった。久しぶりの感触。

 スカイラインは、ストックで漕ぐ。そこから、最初の尾根は藪が少なく快適のはずが、どうも思い切りがなく、不満の滑りだった。
 二つ目、三つ目の尾根は藪を心配したが、それほどでもなく、思ったよりパウダーを楽しめた。
 4つ目は、尾根コースはパスして後続の青年が登ってきたスカイライン・時々ショートカットコースを滑る。ショートカットは、よくもこんなところを登ったなと思える、藪藪・急傾斜だった。
 夫婦松で、小休止して、後はスカイラインのトレース跡を棒立ちで滑る。足が疲れており、車に着くまで、時間がすごく長く感じられた。

 下山後、ほおのき平スキー場の「すくなの湯」で汗を流して帰路に着いた。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 今シーズン最初の山スキー、ラッセル訓練になればと思っていたが、私には十分過ぎるほどだった。しかも、360度の展望付、2006年締めの山行として、大満足であった。

                        伊能

GPS軌跡



ウィンドウを閉じる