御岳山スキー報告 報告:ごましお

【山日記】 初めての御岳
【山域】  :御岳
【日程】  :2006年4月22日(土曜日)
【山行形態】:山スキー
【行程】  :御岳ロープウエイスキー場から往復
【天気】  :晴れ、朝方強風
【メンバー】:伊能さん、パルプさん、薫さん、柴門さん、ごましお

前夜集合し、道の駅三岳で仮眠する。流石にこちらは寒い、駐車場には既に何台か止まっていた。

早朝出発してスキー場に着いたのは7時過ぎだった。スキー場は風が強く車が揺れるほどであった。これではゴンドラが動くか心配になる、案の定強風のため定刻には運転しない放送があった。天気は良くなる筈なので待機することにしたが、他の数組は出発して行った。
各自準備をしながら待っている間に、近くの車の青年と話しをしていると、沢雪山歩を覗いたことがあるようだ。彼はいつも単独で行動するらしく伊能さんが名前を知っていた。9時半を過ぎると、風は時折吹く程度に弱くなってきて、10時過ぎにはゴンドラが運転し始めたので、スキーヤーが乗り場に集まり始めた。

暫く待ってゴンドラに乗ると、眼下に登高中のパーティを見付けた。予定より約2時間遅れでゴンドラ終点より出発する。先行者が何人もいるので、樹林帯の中をトレース通りに忠実に登高すると1時間で森林限界になる。途中青年が軽く私を追い抜いて行った。ここまで来ると、中央アルプス、乗鞍、北アルプスと展望が良くなってきた。雪に埋もれている休憩小屋も現れる。伊能さんの指示で、この先のコース取りを尾根伝いよりルンゼを取ることにして上部平坦地に出ることにした。この辺りから靴ラッセルが始まる、今日の雪は見た目以上に重いのでなかなか脚に堪える。後にはいつの間にか薫さんが続いていた。

先行者と薫さんは直上しているが、トラバース気味に登ると、その先は表面が氷化した雪で落ちたら下まで行きそうなので、反転して直上ルートに戻ってしまった。その上の小屋の下のトラバースは硬く氷化しているので注意を要する。鳥居を過ぎると、尾根の乗越で先着の薫さんと後続を待つことにした。出発から2時間10分、予想外のペースであるが、青年はもう山頂から颯爽と下りてきた。登高力もさることながら滑りもかなりの上級者、上手い!!!。

休憩の後、山頂を目指すことにする。尾根沿いに登り、山頂直下の小屋へのトラバース地点で、アイゼンに履き替える者が多くなっている。我々はクトーを付けているので、行けそうだと判断して取りかかる、クトーをガンガンに効かせて慎重に通過し、山頂もそのまま登り13時40分登頂できた。

付近はあらゆる物に巨大なエビの尻尾が出来ており、いかに風が強いか物語っている。中央アルプスの奧に遠く南アルプスの峰峰を見渡せ、一番奥に富士山が望めたのは幸運だった。しばらくしてパルプさん伊能さんが山頂へ到着、パルプさんは最後の登りで板を外して登頂。やがて14時過ぎに柴門さんもアイゼンを履いて到着して、全員登頂出来た。記念撮影して展望を十分堪能した後、14時25分下山に掛かった。

山頂からの出だしはカリカリのトラバース、ここは登り程怖くはなかった。続く斜面も凍っているので、板が滑るとガリガリ音を立てる。柴門さんもスキーに履き替えこの斜面を滑走している、前回の滑落のトラウマから抜けでて欲しいものだ。尾根の手前のルンゼは新雪が積もり滑り易い、軽いシュカブラ状の新雪でバランスを崩し転倒してしまった。途中茶色に変色した所はアイスバーンになっている。

ルンゼに入ると表面がクラストしたモナカ雪に変わり滑り難い、あちこちで転倒者続出になる、この辺りまで来ると脚が張ってきてコントロールが上手く効かない、大転倒してしまった。尾根沿いのコースは新雪が無いので滑り易そうだ、伊能さんはこの板では曲がらないと尾根コース、パルプさん薫さんも適当に尾根コースに逃げる、柴門さんは果敢に新雪に挑戦して転倒を繰り返していた。以前より立ち直りが早くなり、我々に遅れず付いてこれるようになったのは成長の証だろう。森林帯に入ると益々重くなり、曲げれないほどの悪雪で脚に負担が掛かってくる。何本もトレースがあり迷いそうになるが、どれでも良かった。皆疲れた様なのでゴンドラ終点近くで休憩し山頂駅まで下った。あとはゲレンデを滑るだけ、疲れながらも軽くなった脚で滑走して駐車場に着いた。

車に戻ると久しぶりに脚が張っている、今年1番の悪雪に大汗を掻いてしまった。片づけていると、朝の青年がまだ居るので聞くと、前夜寝てないから一眠りしてたとのこと、我々のホームーページの宣伝をして別れた。

復路は、温泉に寄り一汗流し、蕎麦のくるまや本店まで足を延ばしたが、生憎閉店していたのは残念であった。
最初は強風でどうなるかと思った今回の山スキー、悪雪に疲れたにも関わらず、全員山頂に立てて満足できたスキーだった。次回はリベンジくるまや本店にしたいものだ。


GPSの軌跡はこちら



ウィンドウを閉じる