鯖街道完走記

報告:のーきょー      

2年連続で故障のため途中リタイアしている鬼門の鯖街道ウルトラマラソン。今年は無事完走できた。

土曜日、家の用事を片付けてから近鉄京都へ出てJRで敦賀経由で小浜へ。電車の接続が悪く、敦賀で小一時間待った。
やはり移動はバスがいいのか。18時過ぎに台場浜公園着。パルプさん、くりさん、はまちゃんがお待ちかねだった。

小浜で大きなスーパーと餃子の王将が発見された、との吉報。はまちゃんが早く来て自転車であちこち見て回っていて見つけたのだが、あとでよく見ると地図にも出ていた。駅前商店街はシャッター通りとなっており活気がないが、3万人あまりも人口があるのだし、コンビニやスーパーがないわけがないのだった。

ということで餃子の王将でビールと餃子で前夜祭&作戦会議。川合の関門まで約38km、5時間30分が制限時間。ここを越えるのが一番厳しい。川合さえこえれば、鞍馬や市原の関門は、故障さえしなければ大丈夫。くりさんは初めてなので不安があるようだが、パルプさんが安心理論を展開。台場浜公園でテント泊。蒸し暑い夜だった。

台場浜公園が集合場所なので、テントを片付けてすぐに荷物を預けられる。今年は完走できるだろうか。

6:00極力抑え気味にスタート。今にも雨が落ちてきそうな空。気温は高い。

最初の上根来エイド(9.4km)に7:02着。調子は悪くなさそうだ。上根来を過ぎてトレイル入り口にさしかかるころから雨。ウインドブレーカーを着る。

トレイルに入ってしばらくの場所で係りの人が通過者をカウントしている(安全対策のためだろう)。229位という通過順位を教えてくれた。今年のAコース(「本鯖」という。梅ノ木出発のBコースをこれに対し、「半鯖」と称する。)には350人ほどが出走しているはずとのことだった。前から3分の2あたり。まあ、いつもの位置か。ちなみに、半鯖も300人ほど出走したらしい。

根来坂峠付近では風雨が強く、かなり寒かった。山を下り、朽木に入ってからのロードがいつものことながら長い。

百里小屋エイドでそうめんをいただく。ちょっと芯が残っている残念なそうめんだった。

百里小屋から山本酒店までが長く感じる。実際の距離は9kmほどのはずだが、ロードは苦手だ。

川合関門に10:48着。10:30着を目指したが、甘かった。ここまで長かったが、間に合った。川合から大黒谷キャンプ場までの間に小さな峠越えがあるが、登り坂は歩いた。走れそうな坂だが、関門を過ぎたのでちょっと安心して気が抜けたか。

久多でおにぎりを食べストレッチをして休憩。11:15出発。雨はほとんどあがっている。涼しくてちょうどいい感じ。八丁平手前からのぶなの新緑が雨にぬれてきれいだ。去年は八丁平あたりではもう故障のため歩くことしかできなかった。今年は、だいぶ疲れてきてはいるが、まずまず普通に走れているので、ありがたい。このまま故障が出ず走り続けたいものだ。

例年、八丁平を過ぎてすぐのところに私設エイドがあったが、今回は、尾越の公式エイドと合体したのか。ひやしあめがのどに染みる。下ってちょっと登って大見エイド。ここでも、コーラを飲んで、いろいろ食べて休憩。13:15発。杉峠が14:00ころ。恒例豆腐ソーメンをおかわり。このあたりはエイドが5km間隔ぐらいであり、食べ物飲み物が豊富で楽しめる。まだ足は大丈夫そうだ。屈伸運動をすると疲れ具合が分かる。だいぶ逝っているが、それでも去年、足を引きずりながら歩いた鞍馬への下りも走れた。下りになるとやたらと早い人がいて3,4人に追い抜かれたが。

鞍馬エイドでは、オレンジにグレープフルーツ、味噌汁。半鯖の遅い人を追い抜いて快調に走る。ここに来て走れているのでありがたい。市原エイドではマーマーレード付きのパン。市原を過ぎると少し登るが、走って通過。鴨川の河原に降りたところにある最後のエイドのトマトを楽しみにしていたが、今年はプチトマトだった。

河原に降りたのがちょうど15:45。あと5km。16:15ゴールを目標に走ったがおよばず16:17:10にゴール。

はまちゃんは8時間47分。Fのさんは8時間43分ほどだったらしい。さすがに「ほぼサブスリーランナー」は早い。お風呂に行って帰ってきたら、パルプさん、くりさんもゴールしていた。パルプさんは11時間12分。くりさんは11時間17分。くりさんも制限時間まで40分以上残して余裕のゴール。

今年は、前半が雨で涼しく、後半もわりにさわやかな天候だったので、全体的にタイムが良かった。全員が無事完走。私も3年ぶりに完走でき、タイムも更新できた。やはり、レースは完走しないとダメだと改めて痛感。良かった。3月に篠山、4月に宮古島で長い距離を走った成果だと思いたい。