上多古・伊坪谷(リハビリ遡行) 報告:キンゴ

 
 さぁ〜てと、そろそろ沢に入らんと、身体も心も腐っちまうなぁ〜。
 右足の腫れはまだまだ引いてないんで、遡行するにしても、かなり時間がかかるやろうけど、まっ! なんとかなるやろ (~_~;)
 こんな私に付き合ってくれる奇特なお方はっと・・・・・・。
 「小山伏さぁ〜ん!伊坪谷に行くでぇ〜 )^o^(」
 「ほい、了解」って言葉が、「待ってましたぁ〜!」って聞こえたのは、気のせいかな?
 マドンナ様も乱入してきて、楽しい前夜宴会の始まり始まりィ〜 )^o^(
 超豪華鍋に、復活記念の美味しいケーキ (^_^)
 あぁ〜シ・ア・ワ・セ (^^) もうすでに、出来上がってるキンゴには、
 熱燗に甘いケーキの組み合わせも、ベリィ〜グゥ〜 (^^)

----------------------------------------------------------------
【タイトル】リハビリ!リベンジ!愛のムチ!
【メンバー】たこやき、キンゴ(沢雪山歩) 小山伏(海外遡行)
【日程】  2003年10月18日夜発〜19日
【天気】  快晴
【場所】  大峰 上多古・伊坪谷
【地図】  洞川(二万五千分の一)
----------------------------------------------------------------

 たこやきさんが、シュラフ等を片付ける音に目を覚ます。さてと、私も起きて小山伏さんを起こそうかっとテントの端を見ると、小山伏さんのシュラフは、もぬけの空やて・・・(^^ゞ あれ? なんか、いつもと違うなぁ〜 (~_~;)
 相棒が作ってくれた美味しい朝食をたくさん頂いて、蜻蛉公園から出合に向かう!出合に着いて沢仕度を始めるが、何故か右足用の沢靴の紐がやけに短い。ん? そや!思い出したぞ! あの日、なっちゃんがニコニコしながら包帯と一緒に靴紐をハサミで切ったんや。「なつとハサミは使いようってか!」 (~_~;) 橋の袂から出合に降りて出発ぅ〜。8:40
 
 最初の釜を持った1mは、前回同様左から大岩を回り込むが、小山伏さんは右から巻いて行った。おやおや、いきなり遊んじゃってるネ (^^)
 割れた大岩の横に6mが懸かり、左から巻いてナメ斜爆を越えて行くと、釜を持った6m。左が登れそうやなぁと前回も思ったが、あまり濡れたくはない。
 左上の道に這い上がって進むとすぐに取水口に着く。まだ、20分位しか歩いていないけど、とにかく右足が痛い (T_T) 結構、厄介やなぁ (ーー;)

 取水口の手前に左から12mが懸かるの見て、堰堤を越えて行くと廊下となり、両壁が立つ中で谷は右に折れる。たこやきさんは浅い釜を腰まで浸かってジャブジャブと進んで行くが、こちらは濡れたくないので小山伏さん同様左の壁をへつって進むが、右足で体重を支えきれないので苦労する。 (~_~;)
 廊下の中で谷は左に曲がり、次のCS2mは左岸の石垣の上の立派な道を使って巻く。小滝を越えて行くとインゼルとなり、前方に右から水流が落ちるのが見える。そして、その手前が私の落ちたところ (~_~;)
 良く見ると嫌らしく見えるのは、右足が痛いせいかな (^^ゞ

 第1支流を右に見て進み、稲妻形の小滝を越えて行くと10mが現われる。
 10:10 右のザレ場から巻き上がるが、小山伏さんは、たこやきさんの事を思ってか上に進み、私は途中から木の根を頼りに恐々トラバース。滝上は心地よい休憩所。 (~_~)

 小滝、5m、斜5m。普段なら、ピョンピョン進むところが、顔を引き攣らせながらの遡行となる (ーー;) 「キンゴォ〜、飛べぇ〜!飛んで右足から降りたら、バキッと音がしてすぐに治るぞぉ〜!」と、小山伏さん。「うっさいわい!ボキッと折れたらどないすんねん!」 お下品やけど、ここまで何回「くそったれ!」と、罵ったことか・・・・。リハビリって痛いのよねぇ〜(T_T)
 7mの滝を懸ける第2支流を右に見て進むと、両壁狭まった奥に多段10m。11:00 暗くて不気味やなぁ〜。 ここは右巻き。

 ここからはナメ斜爆の連爆帯となり、とても綺麗なところ。ナメの次には飛沫を舞い上げる20m。ここもなかなか綺麗 (^_^) 左から巻いて滝上で昼食
 11:35 30分後に出発。

 大岩の右に2段5m、大岩を左から廻り込んで進むと、またまた落ちてきそうな大岩の横を7m。左から巻く。 12:15
CS4mを越えて、左から滝を懸ける枝谷過ぎて、次の6mで谷は右に折れ、
 またまた、左に枝谷を見て2筋7mを超えると二俣。13:00
 右の綺麗なスラブ4mの上で、立派な道が谷を横切る。
 今日はここで遡行終了! 少し休憩したあと、道を辿って下山にかかるが、小山伏さんとたこやきさんにどんどん離される。くそぉ〜!腹立つなぁ〜。
 右足を引き摺りながら下山する私に、「キンゴォ〜、怪我人のふりして同情を引こうとするなぁ〜!」と、小山伏さん。鉄製の橋の上で、ドタバタ走って渡って見せると、小山伏さんも絶句してた (^^ゞ

 何はともあれ、自力で遡行できたことに大満足 )^o^(
 まだまだリハビリが必要みたいやけど、私の沢シーズンは、この日から再開した! さぁてと、これからがエエ季節やし、ガンガン行くでぇ〜!

 帰りの車中にて、「イヒヒヒヒ、キンゴォ〜、今日は甘やかしたけど、次はしっかりとリハビリしてもらうでぇ〜」と、小山伏さん。
 「ムフフフフ、そうは問屋が卸さへんでぇ〜」と、キンゴ。
 イヒヒヒヒとムフフフフの横で、ニタァ〜と耳まで口を裂いて笑うたこやきさん。ゲゲッ!この日はこれが一番怖かった。次は食われてしまうのか!

 [追記]
 このあと10日間程右足が痛くて足を引き摺っていたが、10日目くらいから、すっと痛みが消えた。これがリハビリ効果なんかな? 



      


ウィンドウを閉じる