大峰・神童子谷、岩本谷

……………………………………………………………………………………………………………   
【日  付】平成11年7月9日〜11日   
【行 先】大峰・神童子谷、岩本谷   
【コ ー ス】神童子谷林道終点ー赤壁滝ー釜滝ージョレン滝ー稲村小屋ー大日山ー岩本谷経由ー
      白倉谷林道終点 
【メンバー】小山伏、KURO、矢問源氏、和田、BAKU    
【地 図】弥川 1/25,000   
【天 候】晴れ   
【報 告】BAKU
……………………………………………………………………………………………………………

 

ぱんちょさんの見送りで小山伏号(小山伏さん、矢問源氏さん、和田、BAKU)は午後9時30分王寺を 出発。
橿原経由で23時にKUROさんと合流予定の五番関のトンネル入り口の前の東屋に到着。しかしも うすでに来ているであろうKURO号は止まっておらずひょっとして勘違いしてトンネルの反対側の大天井 茶屋跡の所にも東屋があるのでそこと勘違いしたかもしれないと思いそこにも見に行ったが姿は見えず 仕方がないので引き返して荷物を降ろしかけるとKUROさんが到着した。
我々と10分の時間差でこちらに向かっていたようだ。これで今日のメンバー5人が全員揃う。テント、 宴会の用意をしていつもながらの小山伏さんの手料理に明日の朝の出発はかなりゆっくりだという安堵 感も手伝ってついついアルコールが進む。あっという間に2,3時間が経ちそろそろ眠たくなってきた ので寝ることにした。
明くる朝、7時に起床。それぞれ個人で朝食を済ませ8時に沢道具も身につけてテン場を出発。昨日の 宴会の話の中で稲村からの下山のルートを登山道から岩本谷の沢筋を降りることに変更され、途中KURO 号を白倉谷の林道終点にデポし、それから小山伏号を神童子谷の林道終点迄移動させた。

9:00 車を置いた橋のたもとの脇道から川床に降りる。次から次へと美しい歩きやすい淵があ らわれる。朝早いのか、それとも寝不足なのかどうも足が思うように前に出ない。ましてこの沢の石や 岩は良く磨かれピカピカ光っていてとても滑りやすく何回も足が取られそうになる。でも暫くすると足 も体も調子が出てきて10:05にへっついさんに着く。この風景は日帰り沢登りの本に載っているの で皆さんは見覚えあると思いますが両方がゴルジュになっていて薄暗いがなかなか趣深い所である。水 量が少ないので膝辺り迄濡らす程度で簡単に通過できた。

10:40 高見淵に着く。後で分かったのだがこの淵の右奥に2本の小滝がかかっていた。この小滝 が赤鍋の滝だろうか? この2本の滝とこの淵とあわせて赤鍋の滝と言うんだろうか定かでは無い。高 見淵は美しい大きな釜を持っており8メートル程のナメ滝がかかっておりこのナメを登ることは無理な ので小山伏さんが先に左岸の残置ハーケンを手がかりに拾って滝口に上がる。小山伏さんが水と戯れて いると突然姿が見えなくなった。水しぶきが上がり何かがあったようでその後数時間後まで背中が濡れ ていたのでたぶん何かがあったんだろうとだけ書いておこう。そうこうしていると向こうから小伏伏さ んの来いと言う手の合図でKUROさん、和田、矢問源氏さん、BAKUが続く。足場がかなり悪くツルツルで 一歩間違えばこの大きな釜に流されてしまう。ここで暫く遊んでしまう。楽しかった。
11:14 この赤壁の滝の右岸を高巻きして上流の滝口に出た。ここで少し早いが昼食にした。

12:05 ここからはダラダラと続く幾つかの美しい淵を何の苦労もなしに通過して左からの上サン ゴウジ谷のゴルジュ、そしてしばらく綺麗な割に幅のある穏やかな河原を通過して12:45釜滝に着 く。 この釜には数匹のあまごの魚影があったのでKUROさん、和田、BAKUがそれぞれ良いポイントを探して竿 を出すがあまごちゃんからは全く知らん顔されて結局誰も釣り上げることはできなかった。悔しい〜。 折角いつもは買わない高価なイクラを餌に選んだのに〜。20分程、竿を出していたが一つのあたりも なかったので納竿する。この釜滝は少し変わっていて2本の内、1本は本流からでもう1本はノウナシ 谷の流れの一部が滝口の穴(正確には岩の割れ目)から流れ出している。 つまり2本の沢が同時にこの釜に水を落としている。この釜滝は直径30メートル位で形も凄く良く水 の色もエメラルドグリーンでこの日はとっても蒸し暑いので泳ぎたくなるような気分だ。 その後この釜滝の右岸を高巻きして右から流れてきている子笹谷の流れを横目に見てすぐに二の滝5メ ートルを迎える。ここの釜もかなり深く感じられ右側を巻いて滝口へ上がる。
13:41 するとすぐに一の滝があらわれる。この一の滝もかなり立派な滝でおそらく10メートル はあるだろうか。釜も立派で直径15メートルはありそうだ。この滝をバックに全員の集合写真を撮る。 それから左岸の巻き道を大きく巻き登り上がる。すると10分もしないうちに右から水を落としている レンゲ坂谷に出会う。このレンゲ坂谷の水はかなり美味しくこの水で喉の乾きを潤した。
13:50 今日の予定終了で、このレンゲ坂谷出会いでザックを降ろしテン場を整地してテントを張 りたき火の為の木々を集め、疲れた体を休める事にする。じっとしていてもする事がないので小山伏さ んはぼとぼちと夕食の準備、KUROさんは疲れたのか河原でお昼寝、こうしているうちにもゆっくりと心 地よい時間が流れる。 午後4時頃から飯盒でご飯を炊き、今晩のメニューはちらし寿司と炉端焼きと聞いてみんな顔を見合わ せてニコッとする。その後午後10時頃までいつものように宴会が続き10時30分頃には寝袋に身を 横たえた。

7月11日 午前7:00 起床 昨日のたき火の火種が残っていたので小枝を足して火力を強くしてみそ汁を作るためのお湯を沸かす。 今朝の朝食は昨日のちらし寿司の残りとKUROさん特製のみそ汁で簡単に済ませ8時12分にテン場を後 にした。この辺りから谷の勾配も徐々に強くなり3メートルの小滝、10メートルのナメ、そして4メ ートルの滝を左から巻いて8時35分に25メートルの犬取滝に着く。ここで全員の集合写真を撮る。 両岸にゴルジュが立ちはだかり右岸の巻き道を伝って大きく巻いて9時7分に滝口に出る。この巻きは かなりきつくてみんな無言で黙々と歩いた。蒸し暑くってほんまにしんどかった。この犬取滝の滝口は とても広くテン場に適した所があちこちにありKUROさんはこの場所の雰囲気にとても気に入った様子。 次に4メートルの滝を右に巻いてその先の3メートルの滝のたもとで休憩する。

9時31分。暫くの休 憩の後、数分間か歩くとこの谷最後で最大のジョレン滝に突き当たる。ガイドには2段60メートルと 書いてあるが小山伏さん曰く「どうも後ろに掛かっている滝が少し後ろ過ぎるので2段とは言い難い な」と独り言。 しかし確かに大きい。このジョレン滝の少し右手前にも水量は少ないが25メートル程の滝が掛かって いる。この滝は裏見ノ滝と呼ばれ途中で岩がハングしているので水量が多いときには岩と滝の間を歩く ことができるのでその様な名前が付いたようだ。残念ながらこの日は水量が少なかったのでその間を歩 くことはできなかった。無理にでも強行していたら多分、全身びしょ濡れになっていただろう。

10:05 このジョレン滝の左側を大きく巻いて滝口を目指していたが小山伏さんが突然「どっかで この滝の一段と二段がカメラに収まるポイントを探しているんだが、あれへんな〜。このまま巻いてし まうとこの滝の写真が無い〜」と言いだし巻き上がる途中、少し道からそれてザックを降ろして写真だ けでも撮りに行く事になり一段目の滝口の方に行こうとするがその途中10メートル程通過するところ に勾配のきついザレがありもし足でも滑らせたら滝口まで確実に滑落すると言う判断で小山伏さんがザ イルの設定の為に補助ザイルで懸垂下降してザレ場の向こうまでトラバースしてザイルを工作し、その ザイルを頼りに全員無事に通過する。 しかし写真を撮りに行ったのは小山伏さんだけで我々は又、怖々ザイルを伝って元のザックを置いた巻 き道の所まで戻る。ここで約20分程遊んでしまった。 11:00 こうしている間に今朝から入谷したと言う3人組に追いつかれてしまった。何と早い足の 持ち主だろう。我々はここまで来るのに丸々一日半もかかってしまったのに彼らは半日で来てしまった。 恐らく登山道から来たのだろう。 我々もいつまでも遊んでいる訳にもいかないのでザイルを撤収して行動を開始した。しばらく歩いたや ろうかな?  ジョレン滝の上部まで高巻きして小さな滝を2,3つ越えたところでKUROさんの「昼飯 や〜」と言う声で待ちに待ったお昼タイムとなった。11:35。 この先も2〜3のナメを快適に登り水も徐々に涸れてきて最後の力を振り絞って登っていると真っ正面 に何か新しい建物とその左の方に見覚えのある稲村小屋が見えて来た。ヤッホーと言う声をみんなが上 げ、それぞれ歩きやすい所を一気に駈け登った。

12:05 稲村小屋に到着。この真っ新な建物はつい最近完成されたソーラーシステムの公衆トイレ であった。ここで矢問源氏さんにビールを買って来てもらい乾いた喉を潤す。余り冷えてはいなかった が美味い。ほんまに美味かった。ドウモオオキ ニ、ヤトウゲンジサンm(__)m 時間が丁度、昼食時だったので小屋の前で弁当を広げている人達が大勢いた。そ の中に先程、我々を追い抜いて行った3人組も休憩していてビールを飲みながら 暫しの間、話をした。その内の一人は囲炉裏の百さんそっくりのしゃべり方で何故か親しみがもてる。
ここで20分程休憩して12:26に大日山(大日キレット)に向けて出発。大日山のピークに登るの だが梯子が掛かっている一般道の方からではなくその裏側の踏み跡の不明瞭な直登コースを登るとか。 下山の谷口に荷物を置いて急斜面の木の根っこを手でつかんで登るのだが足が滑ってなかなか取り付け ない。暫く必死で登っていると突然、矢問源氏さんが「恐い、もう止める〜」と言い出したがKUROさん が「ここから降りたらよけ危険や〜、ここまで来たらもう登るしかない」とキッパリ言って矢問源氏さ んも必死で最後の力を振り絞って登り切ってしまった。しかしここからの登りは確かに恐い。下を見る と足がふるえてくるし落ちれば多分助からないだろう。しかし下りも同じルートをたどるらしい。こり ゃえらいこっちゃ。す〜っと落ちた絶壁を見ながら降りるのは確かに恐い。危ないところにトップの小 山伏さんがシュリンゲを掛けてくれたのでそれを伝って無事に荷物の所まで降りて来られた。あ〜、や れやれ。

13:30 やっと岩本谷へ下山開始。暫く谷を下っていくと小山伏さんが「前に来たときと何か感じ がちがうな〜」と言い出す。このルートで合っているのだろうか?一瞬不安がよぎる。しかしこのメン バーは皆小山伏さんを信用しているので水の無い谷をどんどん下って行く。下っても下っても水が出て こない。下山開始から2時間ほど下っただろうか?15時30分にやっと水が出てきた。ここでしばら く休憩。この先少し下ったところで小山伏さんの記憶のあるゴルジュに着いた。15時45分。ここは 巻いて降りる。段々夕方に近くなっていくのでどんどんピッチを上げて下っていく。高度計では車まで もうそんなに遠く無いはずだ。16時30分にもう一度休憩。この辺りで小山伏さんが岩の間に足を突 っ込んで足先を痛める。かなり痛そう。大丈夫だろうか?現在の高度計は925メートル。確か地図で は車の置いてある所は850メートル。後もう少し頑張ろうと張り切っていると僕の先を歩いている矢 問源氏さんがツルツルの岩の上で足を滑らしバランスを崩して危うく水の中にと思ったらひょいと立ち 直りセーフ。 「危なかった〜」と思っていると今度は僕が川の中の浮き石に足を取られバランスを取る間もなく肩ま で水に浸かるドボンをやらかした。なんてこった。ズボンは勿論のことシャツ、ザックから水を垂らし ながら歩く。そうこうしている内に林道からの出会いの道が見えてきてそちらの方に下っていくと2〜 3分で車までたどり着けた。
16:55 車の場所に到着。ここで簡単に荷物の整理をして小山伏さんの車を回収して天の川温泉へ と向かった。

18:30 温泉着 19:30 温泉発 21:40 王寺着 いつもの中華屋さんで打ち上げ乾杯して解散する。

ウィンドウを閉じる