妙理山山スキー

滑降

場所は、湖北。木之本インターから北へ少し行ったところです。

1.山 名  :妙理山スキーツアー
2.メンバー :赤名さん、りかあ
3.日  程 :2/23 大阪発…西浅井PA(幕営)
        2/24 洞寿院手前の神社(200m)ー東尾根- 東妙理山(746.7m)-妙理山(901.3m)
        (ピストン)

「山頂」

前夜 日帰りの予定が、急きょ前夜発となる。湖西道路を飛ばして、西浅井のPAにて幕営。  
「久しぶりですねぇ」。赤名さんと同行するのは、一昨年前の白山山スキー(悪天のため敗退)以来。小鍋をつつ    いて山談義。明日の天気は期待できそうなので、楽しみにして就寝。

登り 7:30、スキー登行開始。車の傍から十分な積雪。このドカ雪に感謝。
(この嬉しいはずの積雪量が後で恨めしく思うことになるとは。。。)快適に高度を稼ぐ。一部急斜面に 手こずりながらもズンズン登る。天気は、快晴無風。暑 い。すぐにシャツ一枚に。
9:00・600m、小休止。琵琶湖が綺麗に見える。ここで、ようやくピークが確認でき、そこへ至る稜線が青空に浮かび上がっている。気持ちよさそうな斜面。「いやぁ、このフィールドはこれまでのベスト5には入るなぁ。猿ヶ馬場とどうだろう」と赤名さん。「そりゃぁ、猿でっせ〜」とりかあ。確かに雰囲気は猿ヶ馬場によく似ている。
10:45 山頂。山名板などはないが高度計と周囲の地形から 間違いないだろう。古びた赤布が丸結びしてある。それと並べて赤布を蝶々結びする。 
赤名さんが1/200,000を広げて周囲の山々を確認している。東側には滋賀県と岐阜県、北側には滋賀県と福井県の国境稜線、三県が交わるのが三国岳、それらの山容が目の前。それらほとんどのピークを踏んだ赤名さんは感慨深そう。

滑降 11:50 滑降開始。この天気、この斜面、スキーで風を切るのは実に気持ちがいい。しかし、赤名さんが遅れ気味。どうも悪雪に手こずってるよう。フィールドは積雪量が多く、かなり板が沈む。気温が高いためモナカではないが、重たい雪。 この重たい雪でのシュテムターンの加重を、どうや ら、プラブーツではしっかりと支えきれないようだ。それでも何とか斜面をこなす。
13:50・400m、ちょっと尾根を間違えて30mほど登り返す。(^^;
14:30 下山。

今回も素晴らしい山スキーだったことに感謝 して帰路につく。 赤名さん、お疲れさまでした。妙理山というのは25,000(数値地 図)にも名前がなく、全く知りませんでしたが、良いところを紹 介して頂いてありがとうございました。 このあたりは、山スキーのフィールドとしては時期が限られてし まいますが、来シーズンも1ピークはゲットしたいですね。


「下りのルート(手前)と伊吹山」
「山頂へ続く尾根」

ウィンドウを閉じる