本沢川、黒石谷 報告:たこやき

 梅雨の合間をぬって、遊び人が東北の地から一時帰還するらしい。それなら当然、お水の冒険!調子の良くなってきたヨーダもリハビリ で参加してくれるそうだ!わ〜〜〜い!
 1泊2日で、でかける予定だったが、言い出しっぺの勇者は、仕事にとっつかまり、トルネコもおうちの事情で行けなくなってしまった....(;_;)

 しかし普段は、岩のあるところにばかり出没する、おどる宝石(ぱんちょとも言う)お水の冒険に復活してくれた!わ〜〜〜い!......しかし、おどる宝石は、おどっても宝石は出てこないらしい....出てこないが、いつもおどっているらしい......。

 当初、雨ばっかりの天気予報だったが、直前になって回復の予報!(^0^)V
 しかし、前夜祭はつもる話に花が咲き、翌朝は雨が降っていた事もあってほとんど全員朝寝を決めこむ....7時に朝着の武闘家がやってきたが、誰も起きる気配がない....(^^;

 山登りとは思えないほど、のんびり寝てしまった......極楽だぁ〜〜(^^)
 天気が回復すればお昼にも出発!と思うが、降ったりやんだりが、延々と続く。お昼を過ぎても雨がやまないので、とりあえず入之波温泉に浸かった後、今夜の宴会場所が魚つり公園に決定!

 移動途中、山鳩湯に前夜祭だけ参加のほんたびさんの車がある!ず〜〜っと温泉でリハビリか??当然のように電話をかけると、他にも誰かいるそうな
 
 誰かと思えば、先日囲炉裏宴会に来られた、根来さんと日下さんだった!
 同じように、雨で停滞していたみたいだ。合流して盛りあがる!あまりの盛りあがりに、ヨーダは禁を犯して、魔法の水を飲んでしまう....あんまり、無茶しないでね!

早い時間から盛りあがったので、いつの間にかヨーダも寝てしまい、おどる宝石もおどる前に寝てしまい、9時半にはお開きとなった......。

----------------------------------------------------------------
【日  時】 6月24日(日)日帰り
【場  所】 大台、本沢川、黒石谷
【天  気】 くもり時々晴れ
【地  図】 大台ケ原山
【メンバー】 ヨーダ(MOGUさん) 遊び人(KUROさん) 僧侶(小山伏さん)
       おどる宝石(ぱんちょさん)武闘家(BAKUさん)
       魔法使い(イモリに転職させられそうなたこ)
----------------------------------------------------------------
 早く寝たので、当然のように早く目が覚めた(^^;
 5時に目が覚めると、みんな一斉に起きだした!いつもは起きない僧侶も今日は早起きだ!天気も良くなって、晴れ間が見えている。朝ご飯を食べて7時前に魚つり公園を出発。

 今日は何故か車止めのゲートが開いている....ラッキー〜〜(^0^)V
小1時間の林道歩きがパスできた。舗装が終わるちょっと広くなったところで、作業されているおじさんに会う。車を止めさせてもらって、準備し7時20分しゅっぱつ〜〜!

 林道と杣道を少し進んだところに、トラロープがかかっていて、そこから一旦川床におりる。淵の奥に2段になった滝がある。先週けっこう雨が降ったのか、今日はすごい水量だ。

 登れないので、もう一度杣道まで巻き登る。しばらく行くと、2年前には朽ちて壊れそうな橋があったのだが....(^0^)V なんと、立派で新しい丸太の橋に変わっている!

 橋を渡ってしばらく行ったところから、もう一度川床におりる。
 しばらく行くと、2条になった7mくらいの滝にでた。釜も大きくて立派だ。
 やはり、2年前に来た時よりずっと水量が多いが、釜の中は土砂が埋ったのか、ちょっと浅くなっている。ここは右岸から巻く。

 しばらくは、へつったり、浸かったりしながら、てんでに好きなところを歩く。遊び人が「お〜い」と呼ぶので振り返ると、何か黒い物が飛んできた手で受けたら、動くのでビックリして落してしまった....。何かと思えば
 アカハライモリ....思わずなでてしまう(^^;

 小さな滝がいくつかあるが、それよりも水がすごいので渡渉する時の1歩が上手く出ない。微妙なところに岩があるのだが、足が届かない(^^;
 渡りかけたが足を取られて、ひゅ〜〜〜んと流されかけ、水の中でイモリになってしまったが、なんとか立ち上がってクリア!後ろで遊び人が、笑いながら「おしかったな〜〜!」とか言っている...イツカ、ドボンノジュモンヲカケテヤル〜

 少し行くと、5mくらいの斜瀑。左岸に渡って小さく巻くと、次に20mくらいのナメ滝にでた。前回ザイルを出してもらったところだ。ヨーダがスタスタ登っていく。おどる宝石がスタスタ登っていく。僧侶もスタスタ登っていく。そばまでいくと、なんとか行けそう....。水も流れていたが、魔法使いもスタスタ登る....いや、登れたと思う(^^;

 この次の10mが登れないので、登りきったところから右へ巻き登るが、行き詰まってしまう。登ったり降りたりしながら、30分くらいロスしてしまうが、ヨーダが「下です!」と言われて、結局小さく巻いたところから、川床ヘおりた。ここでようやく思い出した。懸垂して渡渉したところだ。

 しかしどこからもザイルが出てこない....(;_;)
降りれるやろか....??立ち木を掴みながら、滑り台のようになったところを、なんとか落ち口からちょっと離れたところに降りて来れた。
 ここで、腰くらいの渡渉をしないといけないのだが、流れたら滝の下なので向こう側から、シュリンゲを出してもらう。

 だが、渡ってみると水流は思ったほどではなく、なんとか渡ったあと、大岩の上によじ登って、右岸へと渡った。

 と、目の前に男女滝!すごい〜〜〜〜!
 水飛沫がものすごい!滝は左右に分かれているのだが、その真中を登るみたいだ。左側の滝の真下にくると、水飛沫でボトボトになった。滝と滝の間を立ち木を引っつかんで登るのだが、のぼりかけてふと横を見ると、すぐそばを、ものすごい勢いで水が流れている....水流しか見えない、すごい光景だ

 登ると、明神滝の上の方がチラッと見える。前回運命の分かれ道となった、
 淵をザブザブ渡ると、明神滝についた。10時20分。
 ものすごい水量で、休憩しているところまで水飛沫が飛んでくる。
 25mはあるだろうか?本当に立派な滝だ!

 滝の右側に大きな岩がかぶさっていて、洞窟のようになっている。その穴の中から登っていくそうだ。滝のそばまで近づくとすごい瀑風で、めちゃくちゃ寒い〜〜〜!水飛沫で虹ができている。すご〜〜〜い!
 暗〜〜い穴の中から、光りの射す明るいところへ5mほど登り、そこから落ち口を目指して斜めになったバンドを登って行く。

 上まで行くと、おどる宝石は初めてハーケンを打ったと、とっても喜んでいた。だが抜く時、力が入りすぎてすぐ横の水たまりにハーケンが落っこちてしまう。「僕のハーケン〜〜〜〜」と叫びながら拾おうとするが、この水たまりがまた深い!!手を肩まで突っ込んでも、落ち葉とか、枯れ木とかしか出てこない....ここで踊ったら出てきたかもしれないが、遊び人がついに落ち葉と枯れ木の中から、大事なハーケンを見つけ出す!おどる宝石はインパスの呪文は使えないみたいだ....。

 この先は登れないので樹林帯を巻いていく。テン場にできそうなところを過ぎると扇滝だ!これもまたすごい迫力だ!水が落ちるところは、ちょっと舞台みたいになっていて、そこまでは浅いのでジャブジャブ浸かって行って、滝の水の落ちてくる真中に立った。やっぱりすごい水飛沫!
 記念撮影してもらって、ここは右岸を巻く。滝の前を横切る時にかかる瀑風がやっぱりすごい!大型クーラー最強バージョンのようだ。

 ずんずん登っていくと、杣道の石垣が見えた。その石垣に手がかかった途端に、すぐ前の武闘家と、50pくらいの大きな岩がドンガラと言う音と共に同時に降ってきた!!
 えっええ〜〜っ!!と思う間もなく、武闘家は止まったが、その頭の上には大きな岩が乗っかっている〜〜〜!(@_@) 
 
 大きな音と共に、岩は落ちていった。あわてて声をかけたら、「大丈夫!」と言う声が返ってきたので一安心! 
 杣道にあがって、様子を見ると顔の横がちょっと腫れて擦り剥けている。

 遊び人のザックから、すぐに救急セットが出てきた!う〜〜〜んドラえもんのポケットみたいだ!怪我も大したことがなくて良かった〜〜〜。
 ヨーダのリハビリも十分だったので、ここで遡行を終了する。

 杣道を下り始めると、やっぱり出てきた腐りかけの橋....。出だしの橋があまりにも立派だったのでほのかな期待を抱いていたが、その望みは脆くも崩れ去ってしまった......(;_;)
1本目をバランスを取りながらヨーダが渡る。すごい!
 私はこんなとこ渡れないよ〜〜〜〜(T_T)
 誰も渡りたくないので、なんとか右側から巻きあがって、その次の橋もやりすごしたところで、道に下りる。

 しばらく行くと、2番目の難関!
 ここの橋の下は深いし、長いし、巻けそうにないので、ザイルを出して渡ることに....横の1本は生きてそうなので、しゃがみながら少しずつ進む。

 しばらく行くと3番目の難関!ここはこんな橋ばっかりか〜〜〜!
 橋は短く下にはすぐ下りれるが、登り返すところがやらしいぞ〜〜!
 最初に僧侶が登り、確保してもらって2mくらいをなんとかよじ登る。

 もう終わりかと思ったが、4番目の難関も出てきた!
 先に行ってしまったヨーダとおどる宝石がいない!ここは短いので結局渡る事に....。再びしゃがんで渡る(^^;
途中1箇所土砂崩れしているところがあったが、ソロソロ渡って、ようやくアブナイ橋シリーズは終わった....。

 後は、心地いい道を下って、2時に車を置いたところに到着!
 すごい滝も見れたし、楽しかった〜〜〜〜!黒石谷ってホンマに綺麗なところです!
 
 MOGUさん....復活ばんざ〜〜〜い!これからもよろしくお願いしますm(__)m
KUROさん....遠路はるばるお疲れ様でした!また夏に遊びましょうね!
 ぱんちょさん....これにこりずにまた水遊びしにきて下さいね。ネーミングは「おどる宝石」より「おどるポンポコリン」の方が良かったなぁと書いた後で、思いました(^^;
 小山伏さん....いつもいつも美味しい料理をありがとうございますm(__)m
 BAKUさん....怪我は大丈夫ですか?早く良くなってくださいね!また行きましょう!          

 2年前よりは、ちょっとだけ進歩したかな??と思えてちょっと嬉しかった
 たこやきでした!3回目は上まで行くぞ〜〜〜〜!


      


ウィンドウを閉じる