御老公一行、台高を行く! 報告:たこやき

 

 3年越しで思いつづけた、台高をグルっと1周コース。
 去年は紅葉ではなく、雪で敗退だった....。
 今年は天気もよさそなんで、すんなり下山....の予定だったが、波乱万丈やっぱし簡単には行かないのが、我等の定め......。

写真撮影:あめのうお

----------------------------------------------------------------
【日  程】 10月25,26日(前夜発山中1泊)
【山  域】 25日 江馬小屋谷出合〜〜ナンの木平〜〜江股の頭〜〜水越
           〜〜池木屋山〜〜赤ー山〜〜奥の平谷源流(テント泊)
       26日 テン場〜〜千石山〜〜明神岳〜〜桧塚奥峰〜〜桧塚
           〜〜千秋峰?〜〜岩屋口山〜〜江馬小屋谷出合
【天  気】 25日、晴れ時々曇り 26日、曇りガスのち晴れ!
【地  図】 大豆生、七日市、宮川貯水池、大和柏木(1/25000)
【メンバー】 りかあ、oba、あめのうお、KURO、たこやき
----------------------------------------------------------------

 前夜、大宇陀道の駅で11時頃に集合する。この1ヶ月の間にここに何回きたやろ(^^;
 天気がいいのは有難いが、放射冷却?なのかとにかく寒い!
 ちょっとでも楽しようと思って、シュラフにせず、カバーとインナーだけで来たのだが、耐えられるやろか?

 いつものごとく青田川発電所まで行って、ちょこっと宴会の後、寝る。
 前夜泊用にだけシュラフを持ってきていたので、心地良く爆睡。
 6時起床。やっぱり寒い....が、シュラフは重いので置いていく。
 パタパタとご飯を食べて出発。

 江馬小屋谷は人もなく、静かである。
 7:10歩き始める。稜線に出るまでの登りはけっこうキツイ。
 特に歩き始めはしんどいぞ....。
 久々に履くトレッキングシューズが重い。

 30分ほど登って、ちょっと展望のひらけたところで小休止。
 天気がいいのでとってもすがすがしい。
 ここからはしばらく植林の間をジグザグに登っていき、最後の急登が終ると、ようやく自然林の稜線の端っこにのっかる。

自然林の稜線 やっとナンの木平


 ちょっとだけ休んだ後、ナンの木平に向けてまた急な登りを歩く。
 やっぱりしんどいぞ......。
 アヘアヘ言いながら、9:15やっと到着。
 何度来ても、この立派な大木に感激してしまう。
 いつかこの木にもたれて昼寝!と毎回思うのだが、なかなか実現しない(^^;
 あめのうおさんは、前にここで昼寝していて、鹿になめられたらしい....。
 物好きな鹿だ....。

 江股の頭へ向って、下って登って下って登って......。
 今日1つ目の、ちゃんとしたピークだ。
 今年の紅葉は、もひとつ....ってことやけど、それでもやっぱり綺麗やあ〜!
 落ち葉を踏むサクサクって音は、どう言う効果があるのか知らないがとっても体にいいそうだ。

 前は忠実にテープをたどって、えげつないところを強引に下ったのだが今回は多分あるはず....の尾根伝いの道をぐるっとまわって..... ってなことで、調子にのってどんどんと尾根をつたって行ってしまう私達。

 が、どう見ても行きすぎてる〜〜〜〜!
 結局やっぱり、めちゃ急な斜面を強引に下ってからUターン。
 道のない斜面を延々とトラバースして、ようやく水越に着いた。11:40
 しんどいぞ〜〜〜〜〜〜!

 ここからの登り返しが、またしんどいんだわ......。
 ゼーハー言いながら、やっと池木屋主稜線にたどりつく。
 これにのっかってしまうと、道は明確になり、断然登りの方が多い、アップダウンを繰り返す。

 それにしても紅葉が美しい〜〜!
 山並みを一望に見渡せるのは本当に気持ちがいい。
 小さなピークを何個かのりこして、足元が笹原に変わってきて、ようやく今日のメインピークの池木屋山に到着。13:40

 ここでちょっと遅めの大休止。ここで初めて単独の人に出会う。
 記念撮影して、先を急ぐ。
 まだテン場まではかなりありそうだ。

稜線を行く


 稜線伝いに、奥の平峰、千里峰、赤ー山とちょっと大きめのピークが3つに、その間にあるいくつもの小さなピーク。
 登って下って、登って下って、登って下って........
 しんどいぞ〜〜〜〜〜!
 思いの他、テン場までは遠い!

 赤ー山を過ぎたら、もう登りはないだろうと思っていたが、まだあった....(^^;
 水場のあるようななだらかな斜面なんて、出てけえへんやん....。
 やせ尾根をえっちらおっちら行くと、ようやくおっ!ここか?
 ってな、明神平への標識があらわれて、小さく「水」と書いてあるではないか!

 谷に向って下ると、1分でテン場に到着〜(^0^)v 15:50
 おおおおぉ〜〜〜〜!これが夢に見た極上のテン場だぁ〜〜〜〜!
 サラサラと水が流れ、なだらかな斜面の向こうは最高のロケーション!!

 テントを張って、さっそく薪集め!
 晩御飯の用意を始めると、斜面に夕日が当たって稜線が赤く輝いている。
 おおおおぉ〜〜〜〜!
 みんなカメラを持って走っていった。

 ようやくご飯の用意もできたのだが、約1名、いつまでたっても帰ってこない。
 「はよ帰ってきなさ〜〜〜い」「ご飯なくなるで〜〜〜」と叫んでみるが、いつまでたっても帰ってこない(^^;

 ほっといて、先に食べ始める。
 と、日が沈んで稜線が夕闇にせまるようになって、約1名は帰ってきた。
 「遅いからもうご飯ないよ....」「えっ!!」
 「んなわけないがな!」

 日が沈む瞬間が最高に綺麗だったそうだ....。見に行けばよかった。
 写真に期待しよ。

 1日が終って、ご飯も食べて、することがなくなって、後はのんびり焚き火を眺めながら、こんな贅沢な時間はやっぱり他にはないと思う。
 ワイワイガヤガヤ、話もはずみ宴会は延々と続くのであった......。


 寒くて眠れないかと思っていたが、さすがにテントの中に5人もいると、思いの他暖かい。
 使い捨てカイロを足元に入れたが、それもいらなかったかもしれない。
 心地良く爆睡!やっぱ、カバーとインナーだけで十分だった(^0^)v

 翌朝は5時起床。
 朝から雲っている....。
 もう一度焚き火の残りに火をつけて、温まる。
 ガスが出ていて、天気はいまいちだが、これはこれでまた、幽玄な雰囲気がたまらなく美しい。

 ゆっくり朝ご飯を食べて、テントを撤収。
 ガスの中、7:00出発。
 歩き始めの千石山への登りは、かなりの急登ですぐに息が切れてくる。
 しんどいぞ〜〜〜〜〜〜!
 と思った頃、ようやく千石山のピークに到着。

 きのうはしていなかったのに、あめさんとりかあさんが示し合わせたように、紺色の日本手ぬぐいを頭につけている。
 まるで、助さんと角さんだ....。
 んんっ?そう言えば、御老公様もおるやない!
 誰かが「由美かおるは....?」
 もちろん「は〜〜〜い私です!」
 どこからともなく、クレームの声が聞こえてくる........。

助さん、角さん、休憩中


 御老公様は熊が出たら、印篭を出して撃退してくれるらしい(^^;

 ガスの中の心地いいアップダウンが続く。
 ブナの原生林が、もやの中に映える。
 う〜〜〜〜んたまりませんな....この雰囲気。


 ゆるやかな笹ヶ峰のピークを過ぎ、今日の最高峰の明神岳に向けて歩いていくと、何故かあっと言う間に明神岳に着いてしまった。
 稜線上のピークで、通過点のようなところだ。

 ここから90度向きを変え、ほとんどアップダウンのない、自然林の中を気持ち良く続いている。
 ようやく、日の光もさしこんできて、これまた最高のロケーションだ。

 原生林を抜けると、一面の笹原で一度に展望が開けて、開放感にひたる。
 なだらかな斜面を登ると、桧塚奥峰である。


 ガスも晴れて、暖かい。
 きのうから歩いてきた稜線をグルっと一望に見渡せて、もう最高の気分。
 それにしても、長い距離を歩いてきたなあと感激してしまう。

 時間も早いので、お茶タイム。
 お湯を沸かしてのんびり休憩する。
 あとは、ほとんど下っていくだけだ。

 なんとなくこの場を去りがたいが、重い腰をあげて出発する。
 笹原の道を展望を見ながらのんびり行くと、桧塚のピーク
 ここからは、一応地図にはのっていない道だ。

 テープは時々出てくるが、さすがに踏み跡も減ってしまう。
 それでも尾根伝いの道は、特に間違うこともなく、落ち葉と枯れ枝を踏みながら歩いていく。
 パキパキと言う乾いた音が気持ちいい。

 千秋峰(正式な名前なのかどうかわからないが、札がかかっていた)を過ぎ、アップダウンを繰り返しながら、少しずつ標高がさがって来るのと、昼が近くなってきているのか、かなり暖かくなってくる。

 エアリアで岩屋口山となっている1104のピークを過ぎ、しばらく行くと、下山口とする1144のピーク。
 んんっ??
 ここにも岩屋口山の札がかかっているではないか。
 どっちが正解なんやろ??

 あとは、比較的緩やかな斜面の尾根にのっかって、ドンピシャで車をデポしてあるところに、おりるだけ......のはずだった......。

 ちょっとの間は自然林の尾根で、そこからは植林帯になってしまう。
 最初は尾根も明確だったが、800m付近になると一旦 明確な尾根がなくなる。

 ここでもうちょっとちゃんと偵察すればよかったのだが、調子にのって、西に振りすぎてしまう。
 う〜〜〜んこんな急な斜面やないはず....と思いつつ、どんどこ下ってしまう私達。

 最初は違うと言っていたGPSも、しばらくすると方角が合ってるっていうてるし......。
 せやけどそれにしてもあまりにも急すぎる....。
 が、ま、なんとかおりれるやろ......と調子にのって下っていく私達(^^;

 ちょっと違うと思いつつも、上を見上げると到底登り返す気にはなれない。
 とりあえず下っていくと、どうやら太良羅谷の方に向って下ってしまっていたようだ.....(^^;

 ここから最後の苦難の道が始まった....。
 ほんの少しだけある踏み跡をたどって、急な斜面を延々とトラバースする....こればっかり(^^;

 それでも植林のある間はよかったが、そのうち植林帯もとぎれて雑木の斜面になると、ザレザレに藪!
 それでも、強引にトラバースしていくと、とうとう伐採された、倒木だらけの斜面に飛び出してしまった(@_@)
 下の方にナメラ山からの道が見えるが、はるかかなた下の方だ。

 そこにたどりつくには、このザレザレの急斜面か倒木だらけのこれまた急斜面か、どちらかを下らないといけない....。
 何もなく終るはずがないと思っていたが、結局こう言うところを歩くはめになってしまうのは、なんでやろ....(^^;

 ヒョエ〜〜〜!ザザザザァ〜〜〜〜!ぎょえ〜〜〜!
 とわけのわからない声と、岩屑の崩れていく音が響き渡る。
 知らん人が見たら、よほどの変人か、遭難と間違われてしまいそう(^^;

 冷や汗タラタラもんで、ようやく下の谷まで下りてくる。
 はあああぁぁ〜〜〜〜〜〜。
 倒木をまたいで、またいで、やっと道にのっかった。
 道の上でへたりこむ。

 道をたどると、すぐにナメラ山への林道に出て、車道に飛び出した。
 500mほど戻ると、車のデポ地に到着(^0^)v13:50

 終ったぁ〜〜〜!
 予定外は多々あったが、それにしても最高の天気の中紅葉も展望も堪能できた!
 イレギュラーもそれはそれで楽しかった。
 読図は難しいけど、やっぱり面白い。
 ちょっと宿題は残ってしまったけど、今度は間違わずに車のところへおりたてればええな.....と思うのであった。

 お付き合いいただいた皆様、有難うございました。
 ほんまに楽しかったです。
 何年か先に、また同じコースを歩いてみたいです!

      


ウィンドウを閉じる