ひょんなことから赤倉谷

ベリさんの沢体験計画のはずが、体育祭とやらで参加出来ず。
それやったらということでミ〜ヨンさんにiメールで誘いをかけるが、何処ぞで飲んだくれていて音沙 汰無し。
小山伏さんは、足を怪我していじけているし・・・。 そんな中、「遊んだっていいでぇ〜。」と言ってくれたMOGUさん。 なんたって、今年は堂倉谷以来、まともに沢に入っていないし、台風一過天気もよさそうなことやし、 いそいそとお出かけしてきました。 毎度、二転三転面白い沢を楽しんできました。(^^)v
(※報告といっても遡行記録と言うものでは・・・。(^^;ゞ)

……………………………………………………………………………………………………………   
    【行 先】台高:中奥川・赤倉谷
    【年月日】1999年9月26日(前夜発)
    【天 候】晴れ     【地 図】大和柏木(2万5千分の1)
    【メンバー】MOGU、KURO
    【現地でバッタリ】茂木、清○、杉○
    【報  告】KURO
……………………………………………………………………………………………………………

 

【9月25日】
●どないしよう???(9月25日)  
買物に行っている時に、携帯が鳴った。  出てみると、丹さんが仕事で行けなくなったとのこと。  う〜ん、白子谷に行こう思っていたけれど、 MOGUさんやったらもの足りないやろうなぁ〜。  家に戻り、本を開き手頃な谷はないかいなぁ〜と上多古本流の所を開いていると、見計らったように MOGUさんから電話。  林道が通れるか分らないけれど、取りあえず行きましょうということで、出発ぅ〜。 

●ありまぁ〜!  
MOGUさんを拉致し、上多古を目指す。  
上多古林道の入口で、この先通行止めの看板。  路肩に車を止め、どないしようかと話していると、1台のパジェロが林道の奥へと走っていった。  MOGUさんの「行けるところまで行きましょう。」の一言で、進むことに。    林道を少し走った上谷と本流の分岐。  両方とも通行止めの看板が立っている。  かまわず本流の奥へと進み、伊坪谷の出合の少し先まで行ったところで、先のパジェロがバックして 戻ってきた。    先の様子を聞こうと窓を開けると、茂木さんが居た。  沢の世界の狭いこと。  茂木さんも清○さん、杉○さんの3人で上多古で遊びにやってきたそうな。  この先、道の下の土砂が流されて通れないそうな。  仕方がないので伊坪谷の出合に戻り、河原にて一緒に宴会。
でもって、翌日は中奥川・赤倉谷に一緒に行くことに。  んん?  この面子、ひょっとして私以外はスゴイ人ばかりでは。(^^;  赤倉谷??  地図を持って来てないぞ。  どんな所やねん??  話の雰囲気では難しくはなさそうやけど、水量は多そうやし・・・。  まぁ、なるようになるか。  月も隠れたところで就寝。

●台風の後は、オフロード四駆で  6時過ぎに起床。  食事を終え、中奥川を目指す。  行き先が変ったので、取りあえず誰かに知らせておこう。  早起きの年寄はというと・・・、助役やな。    助役に「茂木さん達と、赤倉谷に行ってきま。」と連絡を入れて、先行するパジェロを追っかける。  林道の途中で、清○さんのパジェロが停まっていた。  なんかいなと、その先を見ると道の上に土砂が・・・。  私の車では底を打つやろうということで待っていてくれた。   好意に甘え、パジェロに乗せて貰い、赤倉谷の出合に。  私の車だけやったら歩くはめになるところ。  パジェロ様々。  台風の後は、オフロード四駆に限る。

●沢ぁ〜  身支度を整え、出発。  いきなり、胸元まで水に浸かるが、さほど冷たく感じられない。  沢も明るく気持がいい。  沢の香りも懐かしい。    ポイントポイントで、茂木さん、清○さんが差伸べてくれるシュリンゲに助けられながら歩みを進め る。  水量は普段より10cm程多いそうな。  清○さんが持ってきた、韓国の辛いラーメンをゴチになり、巻きを繰返しながら遡行を進める。  でもって、MOGUさんが立ち止る・・・。  茂木さん達が先行した形跡が無い。  途中の出合で、はぐれてしまったみたい。  20分程待っていたが、時間も時間だし谷中を下山にかかることに。  短い懸垂下降を1本こなし、茂木さんらと別れた出合を過ぎた所で15m程の懸垂下降。    ロープを回収していると、茂木さん達が降りてきた。  会える時は会えるものだ。   

茂木さん達は本流、私達は支流に入っていた様子。  途中から右岸の踏み跡に入り辿っていくと、作業用モノレールに出くわす。  ここから先はひたすらモノレール伝いで下山。  装備を解いて蛭チェック。  足下に2匹の蛭がうごめいていた。  咬まれていないなぁ〜と思っていたら、足の裏を咬まれていた・・・。 

ウィンドウを閉じる