紅葉見物(槍沢上部) 報告:伊能

 金曜夕方、土日の予定がポッカリ空いた。
 ちょっと迷ったが、天気もよさそうなので贅沢に(飽きもせず?)一人で紅葉見物にでかけることにした。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【日程】2008年10月4日(土)前夜発日帰り
【山名】南岳
【行程】
 新穂高 4:30 白出沢 5:50 槍平小屋 7:15 肩の小屋 9:55(10:20)
 南岳小屋分岐 11:20 天狗池 11:55(12:05)  南岳 13:40 
 槍平小屋 15:50 白出沢 17:10 新穂高 17:40
【メンバー】 伊能(単独)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

白出沢:同じようにMTBの人が二人 滝谷ドーム?
槍平小屋あたりの紅葉はいまいちだった 飛騨沢中間部から中崎尾根と笠ヶ岳方面
肩の小屋から大槍 槍沢の紅葉:これが見えたので降りて来た
これを見に来た(その1) これを見に来た(その2)
天狗原上部の紅葉もよかった 横尾右股の紅葉ははこれから
常念岳 大天井岳方面
本日唯一のピーク:南岳 大キレット北穂方面
南沢の紅葉もなかなか見事だった 正月に雪崩れを起こした槍平西側の沢
地肌が露出している。

 平日は深夜割引(3割)が夜10時以降も適用になり、24時の深夜割引を待つことなく、新穂高まで車を進め、仮眠。

 4時起床、4時半ヘッデンをつけ自転車にまたがって出発。心臓のリズムは悪い。
 無理はできず、平坦なところだけ自転車で進む。1時間15分かかり白出沢。去年の歩きより遅い。
 
 自転車を藪のなかにデポ、歩き始めるが坂になると全くペースがあがらない。
 もどかしく感じながら槍平の小屋に到着。パンを食べようとするが顔の筋肉が寒さで引きつって、口が動かない。霜が降りているのはわかっていたが、結構冷えているのを実感する。

 長袖シャツとカッパを着込んで、出発。血流が少ないため、かじかんだ指先がなかなか温まらない。それ以上に足が動かない。もどかしい。山歩きを始めたころを思い出した。「焦らない、焦らない」精神鍛錬だ。
 
 ただ、雲一つない青空が大いなる味方、稜線まで行こうという気にさせくれた。
 去年より遅れること1時間近く、肩の小屋に着いたのは10時前だった。

 南アルプスから富士山まで見えて、最高の展望の中で補給する。

 さて、今からどうする??
 登る途中、槍平小屋を過ぎたあたりの紅葉は赤くなる前に枯れたものが多く、今日は穂先まで登って引き返そうと思っていたが、肩の小屋の前から槍沢の見ると結構きれいな紅葉が見える。体調を考え、迷いに迷うが、最悪南岳の小屋に泊まればいい・・と妥協案を自分の中で作り上げて、槍沢を下ることにする。

 この下り、近くに見えるがなかなかです。
 
 やっと下った槍沢の紅葉は、ばっちりだった。なにより紅葉に映える青空がある。

 続いての撮影ポイントの天狗池までの登りは、足がかなり動くようになった。
 天狗池も珍しくカメラマンが少なくて、しばし逆さ槍を鑑賞。

 横尾尾根までの天狗原の紅葉もきれいだった。

 南岳までの登りは、体調がほぼ通常に戻り、自分の設定した時間内に南岳に到着した。で、泊らず下山することにする。

 南岳は本日、唯一の山頂であったが、いくら好天とは言え、飛騨側からガスが沸いて、展望がいまいちだった。少し残念。
 
 南岳小屋は素通りし、足場の悪い南岳新道を慎重に下り、4時前に槍平小屋着。泊まりの人に「今から帰ったら真っ暗だな」と言われたが、「大丈夫です。自転車がありますから」という言葉を飲み込んで、ルンルンで下山、5時40分、駐車場に帰ってきた。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 午前中体調が悪く、どうなることかと思っていたが、好天に助けられて紅葉見物ができた。
 やはり山は天気です!!。
 


      


ウィンドウを閉じる