新穂高から鷲羽岳、水晶岳 報告:伊能

 日帰り百名山というHPを作成している某鉄人さんによると、日帰りの一番難しい百名山は、鷲羽岳と水晶岳で、ランクがトリプルAになっている。
 http://sabitetsujin.web.fc2.com/tozan/fc2higaeri/nan-i.htm

 これに、一度挑戦してみたいとは思っていた。
 この週末はこれといった予定がない。「天気はよさそうだし、行ってみようか、家にじっとしているよりはいいだろう。双六小屋まで行って、しんどかったら樅沢岳にでも行こう。」いろいろ考えながら、自転車を積み込み、ともかく、夕食後直ぐに家を出た。

----------------------------------------------------------------
【山  名】鷲羽岳、水晶岳
【日  程】平成19年8月18日
【メンバー】伊能
【形  態】前夜発日帰り登山
【行  程】
  新穂高駐車場4:50 → 5:51小池新道登山口5:55 → 7:22鏡平小屋7:27
 8:35双六小屋8:40 → 10:03三俣小屋10:12 → 鷲羽岳11:03 
 12:01水晶小屋12:06 → 12:35水晶岳12:45 → 14:41三俣小屋14:48
 16:25双六小屋16:30 → 鏡平小屋17:50 → 登山口19:30 → 駐車場20:30
 
----------------------------------------------------------------

 いつものように、ひるがのSAで仮眠するが、モチがいまいちなので、きっちり3時間寝てしまった。新穂高に着いたのは4時半、すぐに準備して4:50出発。もう十分に明るい。自転車を押したり乗ったりしながら、林道を行く。約1時間で小池新道登山口。
 自転車をデポして、ここから本格的な登り。結構快調で、約1時間半で鏡平小屋。逆さ槍はあいにくの逆光だ。小休止でエネルギー補給。


 ここから、尾根までの登りも快調、稜線にでると風が心地よい。約1時間10分で双六小屋。

 三俣山荘までは、もちろんカール経由コースを取る。途中のお花畑がきれい。だが写真を撮る余裕はない。
 双六小屋から約1時間半、三俣山荘着は10時過ぎだった。
 ここで、俄然色気がでる。まだ、5時間ちょっと、鷲羽岳でも6時間ちょっとだろう。滅多にないチャンスだ。水晶岳まで行ってみよう。。。

 鷲羽岳は1時間弱で登るが、ガスで展望なし。

雷鳥が砂浴びをしていました。



 写真だけ撮ってもらい、水晶岳へ急ぐ。


 水晶小屋の登りあたりで、疲れができた。小屋前で小休止。小屋は改装されており、それに伴い登山道も小屋の上から登るようになっていた。

 12時35分やっと山頂着。


 ちょうどガスが切れ、360度の展望を楽しんだ。もう少しのんびりしたかったが、長い帰り道が待っている。

 【山頂からの展望】

赤牛岳 薬師岳
黒部五郎岳 三俣蓮華岳
鷲羽岳 槍ヶ岳

撮り忘れ

大天井岳と常念岳 野口五郎岳



 帰りは、黒部源流を通る。ここは、なぜが昨年より花が少なかったように思えた。
 源流の碑から三俣山荘までの登り返しが、きつくなってきた。

 三俣山荘で小休止と水の補給。テン場のテントは少なく、ちょっと寂しい。
 三俣分岐までの登りは、もう平均ペース。

帰路の鷲羽岳


 カールコースも、足取り重くとぼとぼ進む。

 午後4時半、やっと双六小屋だ。皆さん、宴会モード。疲れた足に、まだ、先は長い。
 双六小屋から稜線までのちょっとした登り、覚悟はしていたが、足がでなくなった。黒部五郎以来だ。弓折分岐まで50分もかかってしまった。往路の倍近い。

 鏡平小屋の手前でヘッデンを取り出す。まだ、十分に明るかったが、小屋泊まりの人に、断固たる下山の意思を示しておきたかったのだ。
 鏡池で、槍はガスの中、通過する。

 秩父沢を越えしばらくいったあたりで、ヘッ電点灯。林道着は19時半、そこから自転車に乗る。足は楽だが、ガスもでて、ヘッデンの光が届かず、路面がよく見えない。微速走行だ。駐車場に帰ってきたのは20時半だった。来たときほぼ満杯だった車が、1割くらいに減っていた。車に「帰ってきたよ」と思わず声をかけた。

【途中のお花畑の写真】


----------------------------------------------------------------
 やはり、長時間行動時のスタミナ不足は明か。二つ行く実力はなかったが、たまにはトライアルもいいだろう。

 


      


ウィンドウを閉じる