前穂高四峰正面壁松高ルート登攀  報告:PINE


 10月の連休に横尾から屏風の中央カンテを考えていたが、くりが直前に受けた人間ドックの結果、循環器系に要精検が出て、このルートはシュラフなしのビバークが考えられるので断念。涸沢まで足を伸ばして秋の奥又白を楽しむことにした。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【日程】2011年10月9日(日) 前夜涸沢テント泊
【山名】北アルプス 前穂高岳
【行程】10月8日 上高地−涸沢
        9日 涸沢-5・6コル-前穂高四峰正面壁松高ルート-四峰-3・4コル-涸沢
       10日 涸沢-上高地
【メンバー】 PINE、くり
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 8日2時半頃にアカンダナ駐車場に着くも、もう車が列をつくって仮眠中。我々もすぐ上の道路端にテントを張って仮眠する。朝少し寝過ごし6時前に駐車場に行くと、第1も第2も満杯。第3駐車場にしか停められなかった。
 上高地から横尾までは大勢の人が歩いている。横尾ではトイレ待ちに30分もかかる。

 ここからの登りでだんだん詰まり始め、本谷橋からは大渋滞になる。2、3歩動くと前がつかえるといった状態が1時間も続き、中ほどで少し動くようになる。ヒュッテが見える頃より再び渋滞する。それでも横尾から3時間余りで到着。テント場はテント又テント。後で聞いたところ700張以上で、涸沢始まって以来の数らしい。トイレ、売店も長蛇の列で30分待ち。紅葉はまったくだめだったが、珍しいものを見せてもらった。
6時半に食事も終り、さっさと寝てしまった。

満杯の涸沢テント場


 9日3時過ぎに起きてトイレへ。やっぱりこの時間でも20分待ち。
4時半頃5・6のコル目指して出発。先行パーティがあり、内1パーティは3・4のコルに向かっていた。5・6のコルまでは踏み跡がしっかりあり歩き易い。奥又白の池にもテントが張っているのが見える。2パーティが5峰の登りに取りついている。我々は奥又を目指して下降を開始。こちらに入ると我々2人だけかと思っていたら、何人もの人が登って来た。奥又の池には11張ものテントがあったそうだ。

 C沢に入るとガレは悪く、C沢そのものもはっきりしない。4峰正面壁には1パーティが取り付いているのが見える。涸沢テン場より取り付きまで3時間

前穂高四峰正面壁



 ルートを特定できないまま、一番5峰寄りの沢に入り小滝を越えどんづまりのハーケンのある所から登り出す。下部3ピッチは岩が脆く、ハーケンのききも悪い。4ピッチ目になって壁も立ってきて、岩質も安定してくる。この終了点から上を見ると、微かに記憶に残る松高ハングが見える。これでここが松高ルートであることがはっきりした。このルートは私が初めて登った本チャンルートだった。ハングといっても大きなものではなくA0で簡単に越えられる。その上の凹角を登ると松高テラスに着く。畳1帖ほどもある安定したテラスだ。この上の垂壁の出だしで少しつまづき、上のカンテを回り込んでビレイ。ここから垂壁を左上気味に登って終了点に出る。ここまで3時間10分。天気もよく上部4ピッチは気持ちよく登れた。

松高ルートを登る私


 4峰への登りでは北尾根パーティがロープを延ばしているのが見える。3・4のコルから北尾根をみると2パーティが登っている。1時半だが北尾根を登るのを諦め3・4のコルから下降。今日中に横尾まで下ろうとルートを探すがはっきりした踏み跡は見つからず、朝登っていったパーティが残したものか、雪の上に足跡が残っていた。それを頼りに下降しだすが悪い。今は殆ど登下降されていないのかもしれない。何度もすべり、ひと抱えもあるような岩が下膝の上を滑り落ちる。勢いのある岩だったら骨折も考えられた。2時間ほどで涸沢に下ったが、疲れていたため横尾に下るのは諦め涸沢泊まりとした。テントは昨日程ではないもののまだまだ沢山あった。

10日4時頃涸沢を出発。8時半のバスに乗り、高速も込むことなく夕方帰神した。
紅葉はみられなかったが天気もよく3日間楽しく遊べた。


      


ウィンドウを閉じる