黒部五郎岳 報告:伊能

 前日の笠ヶ岳に続いて、黒部五郎に日帰りで挑戦。

赤木岳付近からの黒部五郎岳

----------------------------------------------------------------
【山  名】黒部五郎岳
【日  程】平成13年9月23日
【メンバー】伊能
【形  態】日帰り
【行  程】
   飛越トンネル登山口4:50→寺地山6:50→避難小屋7:20→北俣岳8:50→黒部五郎岳11:15
   黒部五郎岳11:45→北俣岳14:00→避難小屋15:00→登山口17:35
----------------------------------------------------------------
○前夜〜出発
 笠ヶ岳から下山して、新穂高温泉から神岡町へ向かう。
 途中、双六渓谷テント場入り口に飛越トンネルはこちらというような表示があったが、神岡町中心部から、北に延びる道路がメインと思い、中心部に向かう。が、そちらの道は工事中で通行止め、引き返す。山吹峠を越えて、里(森茂地区)に降りたところで、道に迷う。当たりは暗くなるし、方向も解らなくなるし、冷や汗がでた。
 そこらあたりを一回りして、結局、元の道を道なりに進む・・それが正解だった。(^ ^ゞ ポリポリ。それにしても、この広域林道の道の良さにはびっくりである。
 飛越トンネルには、車が5、6台。テントを張り、夕食を食べて、そそくさと寝る。

○北俣まで
 4時過ぎ起床。寒いと思ったら、霜が降りている。天気は絶好。朝食をとり、薄暗い中を一応ヘッデンをつけて出発。
 昨日の笠の疲れがどれくらい影響するか・・尾根までは、ゆっくり登る。尾根に出ると、明るくなった。ここからはアップダウンを繰り返しながら、高度を上げていく。足下がぬかるんで歩きにくい。乾いた道になるとホッとする。
 神岡新道との合流点は、気づかないうちに通過してしまった。1時間半程度歩いたところで、避難小屋が見えるという場所にでた。避難小屋はよく見えなかったが、小屋まで、まだ残り1時間半の表示。がっかりする。予想より手強い。うーん、黒部五郎までは届かないかも知れない。ともかく、北俣に9時までに着いたら、山頂に向かおう。
 歩き始めて2時間。寺地山に着く。休憩してエネルギー補給。地図を見ると、北俣までの中間地点ぐらいである。うん、これなら行けるかもしれない。気を取り直して、歩き始める。5mくらい歩いて、東面にでると展望が開けていた。(^ ^ゞ ポリポリ
 寺地山からの下りを下り切ったところの右手に避難小屋があった。水も持っているし、小屋にはよらず通過。
 ここから、しばらくは木道が整備されていて歩きやすい。快調に高度を上げる。木道は10分ほどで終わり、笹原の道となる。雪が着くと、一面の大斜面だろう。春に来て滑りたいと思う。最後はちょっと勾配がきつくなったが、目標の9時までに北俣に着いた。
 
○北俣〜黒部五郎
 稜線からの展望は、雲もほとんどなく言うことなし。すぐ近くの薬師岳から北の立山、剱方面、これから登る黒部五郎方面、南東の昨日登った笠ヶ岳。遮るものはない。

北俣付近から薬師岳・剱岳 北俣付近から黒部五郎・槍

 ここから、赤木岳まではつい2週間前も歩いたところである。その時に比べると、草紅葉の黄色がすすんでいる。
 尾根道は、さすがに連休、人が多い。
 天気が良すぎて、暑い。中俣乗越についたころには、疲れが蓄積してきた。休憩してエネルギーを補給して、最後の登りにかかるが、歩き始めたころの勢いはない。肩に近いところで、普段は滅多に人に時間を聞かないのであるが、「あと、どのくらいで着くでしょうかね」と下りの人に聞いてしまった。「あと10分くらいでしょう。」と親切な答え。「うん、それじゃあと20分だ・・」と言い聞かせて、登っていくと、、ちゃんと10分で肩に到着した。(^ ^ゞ ポリポリ
 肩から、最後のひと登りで山頂に立つ。
 お昼近い時間であるが、ガスは全く上がってこない。360度の展望を楽しめる。
 流石に100名山、両方向から次々と人が登ってくる。

山頂から槍 山頂からカール
山頂から笠ヶ岳 山腹から北俣方面


○下山〜帰宅
 北俣までは、往路と同じ時間がかかった。北俣からの下りで膝を心配したが、トントンと調子よく下り、避難小屋で一休み。冷たい水で、顔を洗い、首筋を冷やす。
 小屋は小さく、快適に過ごせるのは4人程度か。キジ場はこちら・・と指定してあったのにニンマリ。
 休憩して回復した力で寺地山まで登り返す。時間もそこそこ遅くなっているのに、ノンビリ、展望を楽しみながら休憩しているグループもいる。
 寺地山からは惰力で下る。が、ちょっとした登り返しが、応える。小屋から2時間歩いて、もうそろそろ出発地が近いかな・・と思っていたところ『登山口まであと30分』の表示。「うそだろう・・・。そんなに遅れてるの・・。」がっくりする。実際にはそこから40分ほどかかって、暗くなりかけるころ、へとへとになって、やっと駐車場まで帰ってきた。
 靴紐をほどくのにうつむくのもしんどい。シャツだけ、着替えて、食料の残りをガツガツ食べて帰路に着く。
 神岡町に戻って、道の駅「宙ドーム」で、五目チャーハンを食べてやっと生き返った。(シャリバテだったんだろうか・・・?)
 帰りに41号線沿いの流葉温泉に入ろうと思ったが、入り口を見逃してしまった。ところが、これを悔やんでいると、ガソリンの残りが少ないことに気がついた。高山市で、夜間開いているガソリンスタンドが全くなくて、JAFを呼んだことを思い出し、ヒヤヒヤしたが、何とか9時前に給油できた。温泉にゆっくり入っていたら、給油できなかったかも。よかった。(^ ^ゞ ポリポリ
 そこからは、渋滞があるはずもなく、12時半過ぎには、自宅に帰ってきた。

 好天に恵まれ、大満足の百名山ツアーだった。前週のデータを消し忘れて、GPSのログをロストしたのは痛かったが(^ ^ゞ ポリポリ。 


      


ウィンドウを閉じる